キサケツバタケとサケツバタケ

     以前取り上げたサケツバタケには、傘が黄色いキサケツバタケという変種?がある。写真をアップしたものは、おなじような傘の色をしたツバナシフミヅキタケと思われるキノコの群生の中に紛れて生えていた。ちょうど、1kmほど離れたところにある別の場所でレギュラーのサケツバタケが生えていたので採取して、成菌と幼菌の細部を比べてみたのが下の写真だ。
     キサケツバタケは、サケツバタケに比べると明らかに黄色い。ただし、ヒダの灰紫色や星形のツバ、柄の繊維模様などの特徴は両者とも同じ。キサケツバタケの方が全体的に背が低い感じもあるが、これは生えている環境によっても異なるのであろう。まだ試食していないのだが、おなじ風味・味わいということだ。この両者、海外では単なる「色の変異」として同一種類と認識されているらしい。
     森の中を歩いていると、ムキタケの紫色の個体など「これが同じ種類のキノコか?」と思うような変異が時々見られる。そんな時は自然の奥深さを感じるのだが、人間にもいろいろな色があるのとおなじようなことなのだろうか?


    2010/5/26 (東京郊外)


    それぞれ左がキサケツバタケ、右がサケツバタケ

    5月の里山の食菌

     今の時期に里山や自然公園などに行くとあちこちで見られるのがマツオウジだ。マツの切株や切り捨てられた材上から生えてくるしっかりしたキノコで、傘や柄に現れる毛羽だった鱗片/ささくれが特徴。ある程度成長したものは、ヒダのエッジがギザギザとノコギリ状になっている。食菌だが、体質によっては「当たる」らしい。柄などは「強靱」と言えるほどに肉が緻密である。
     調理は「つけ焼き」が定番のようだが、その風味をストレートに味わってみようと塩焼きにしてみた。松脂臭いと言われる香りはどことなく魚介類の匂いのようでもあり、また縦に裂ける緻密な肉の食感も手伝って、まるでスルメのよう。ほのかに感じる苦味もあり、これは、きっと日本酒に合うんだろうな。どっちにしろ「珍味系」の味わいだ。
     もう一種のキノコは、サケツバタケ。裂けて星のような形に見えるツバが特徴。こちらも、かなり大型になるしっかりしたキノコだ。公園のウッドチップや肥えた土の上に複数で出ることが多い。生える場所の養分が減っていくと年々弱々しくなっていくらしいが、写真にアップしたものは柄も太く元気な個体だった(乾燥で傘の表面がひび割れ気味)。このキノコは「食感キノコ」だ。シャキシャキッとした歯ごたえが身上で、味や匂いにはまったく癖がない。こっちは料理のレパートリーが広そうだ。
     イグチ系などの夏キノコが主役となる8月頃まで、こんなキノコたちが身近なところでせっせと成長している。ちょっとキノコを知っているだけで、都会近くの里山は食材の宝庫になるのだ。


    2010/5/18 (東京郊外)


    2010/5/18 (東京郊外)


    若いサケツバタケ。膜が破れる前からすでに「星形」が現れている
    Eat-a Fungi.
    東京在住。キノコ中級者。いちばん好きなキノコはチャナメツムタケ。自由業。

    Eat-a Fungi

    Calendar
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    New!
    Monthly Archives
    All Logs List

    >See all logs' list

    Coments
    Trackbacks
    Search
    Recomended Books
    Weather
    Link
    Fungi Index
    アイタケ    アイシメジ アオイヌシメジ アカアザタケ アカチシオタケ アカツムタケ アカハツ    アカモミタケ アカヤマタケ  アカヤマドリ アケボノサクラシメジ アシグロタケ アミガサタケ  アミタケ アミハナイグチ アメリカウラベニイロガワリ アラゲキクラゲ アンズタケ イッポンシメジ イボテングタケ ウスキテングタケ   ウスキモリノカサ ウスタケ    ウスヒラタケ ウツロベニハナイグチ  ウラグロニガイグチ ウラベニガサ  ウラベニホテイシメジ エセオリミキ  エゾハリタケ エノキタケ   オウギタケ オオイチョウタケ オオウスムラサキフウセンタケ オオキツネタケ オオキノボリイグチ オオゴムタケ オオシャグマタケ オオツガタケ  オオツガタケ オオミノイタチハリタケ  オオムラサキフウセンタケ オオモミタケ  オキナクサハツ オシロイシメジ オニイグチ オニウスタケ  オニタケ カキシメジ   カクミノシメジ カニノツメ   カノシタ カベンタケ   カヤタケ カラカサタケ  カラマツチチタケ カラマツベニハナイグチ カワラタケ カワリハツ   カンゾウタケ キアブラシメジ キイボカサタケ キアミアシイグチ キクラゲ キコガサタケ  キサケツバタケ キサマツモドキ キシメジ キタマゴタケ  キチチタケ キチャワンタケ キナメツムタケ キヌガサタケ  キヌメリガサ キノボリイグチ キハツタケ キヒダタケ   キララタケ キンチャワンタケ クサウラベニタケ クサハツモドキ クチキトサカタケ クチベニタケ  クリイロイグチ クリイロチャワンタケ   クリタケ クリフウセンタケ クロカワ クロチチタケ  クロノボリリュウ クロホコリタケ クロラッパタケ ケショウハツ  ケロウジ コウタケ    コガネタケ コガネヤマドリ  コキララタケ コクリノカサ  コスリコギタケ コテングタケモドキ  コビチャニガイグチ サクラシメジ  サクラタケ サケツバタケ ザラエノハラタケ サンコタケ   サンゴハリタケ シイタケ    シシタケ シモフリシメジ ジャガイモタケ シャカシメジ  シャグマアミガサタケ ショウゲンジ  ショウロ シラウオタケ  シロオニタケ シロキクラゲ  シロケシメジモドキ シロシメジ   シロナメツムタケ シロヌメリイグチ   シロヤマイグチ シワチャヤマイグチ   スギタケ スギヒラタケ  ズキンタケ スッポンタケ  センボンイチメガサ タヌキノチャブクロ   タマキクラゲ タマゴタケ   タマシロオニタケ チシオタケ   チチタケ チャナメツムタケ ツエタケ ツガタケ    ツキヨタケ ツチグリ    ツバアブラシメジ ツバキキンカクチャワンタケ  ツバササクレシメシ ツバフウセンタケ    ツルタケ テングツルタケ  トキイロラッパタケ ドクササコ   ドクツルタケ ドクベニタケ  ドクヤマドリ ナカグロモリノカサ   ナメコ ナラタケ   ナラタケモドキ ニオイコベニタケ   ニオイハリタケモドキ ニオイワチチタケニガクリタケ ニガクリタケモドキ   ニカワツノタケ ニカワハリタケ ニシキタケ ニセアシベニイグチ  ニワタケ ヌメリアカチチタケ   ヌメリイグチ ヌメリササタケ ヌメリスギタケ ヌメリツバタケモドキ  ネズミシメジ ノウタケ    ノボリリュウタケ ハタケチャダイゴケ  ハツタケ ハナイグチ   ハナオチバタケ ハナガサイグチ ハナビラタケ ハナビラニカワタケ   バライロウラベニイロガワリ ハルシメジ   ハンノキイグチ ヒグマアミガサタケ   ヒトクチタケ ヒナツチガキ  ヒビワレシロハツ ヒメカバイロタケ   ヒメキクラゲ ヒメサクラシメジ   ヒメスッポンタケ ヒメベニテングタケ   ヒラタケ ヒロハチチタケ フキサクラシメジ フサクギタケ  フサタケ フサヒメホウキタケ   フチドリツエタケ ブナシメジ   ブドウニガイグチ ブナハリタケ  ベニテングタケ ベニハナイグチ ベニヤマタケ ヘラタケ    ホウキタケ ホオベニシロアシイグチ  ホコリタケ ホテイシメジ  ホテイタケ ホンシメジ   マイタケ マクキヌガサタケ    マスタケ マツオウジ   マツタケ マツタケモドキ マメザヤタケ マンネンタケ   ミイノモミウラモドキ ミキイロウスタケ    ミドリニガイグチ ミネシメジ   ミヤマタマゴタケ ムカシオオミダレタケ   ムキタケ ムラサキアブラシメジモドキ ムラサキシメジ ムラサキヤマドリタケ  ムレオオフウセンタケ モエギタケ   モミジタケ ヤギタケ    ヤマイグチ ヤマドリタケ  ヤマドリタケモドキ ヤマブシタケ  ルリハツタケ ロクショウグサレキン  ワタカラカサタケ

    *このブログ中でのキノコの同定には間違いがある可能性もあります。天然キノコを食される場合にはご自身の責任においてご判断ください。 *福島第一原子力発電所事故の影響により富士山をはじめとする各地で天然キノコの採取に対する自粛の要請が自治体から出されています。このサイトは皆さまに各地での天然キノコ採取を薦める主旨のものではありません。くれぐれも、各自、自己責任でのご判断を願います。