富士山ショウゲンジ情報

    富士山での大人気きのこ、ショウゲンジ。今シーズンの発生具合が気になってしょうがない方も多いのではないだろうか。私もキノコを始めたばかりの頃は喜んでカゴ何杯かのショウゲンジを採っていたこともあったが、そのうちショウゲンジの匂い(フウセンタケ科特有の「濡れた犬のような匂い」)が気になり始め、最近ではシーズン初めに季節ものとして少しいただいてくるだけにしている。今シーズンも、すでにポコポコとあちこちに姿を現していた。その気になれば、きのこカゴいっぱいに採ることもできたのではないだろうか。さあ、いよいよ本格シーズンの始まりだ。


    2011/8/11 (富士山)


    2011/8/11 (富士山)

    ようやく三役揃い踏みか

    富士山では、通常ならば、9月も半ばになればショウゲンジナラタケハナイグチの3種類が揃って森の主役となるのだが、今シーズンは、どうもちぐはぐだった。
    ショウゲンジは8月のうちには大量に発生していたが、9月に入ると姿を消してしまった。ハナイグチも初めのうちはポツポツとしか姿を見せず、9月の終盤にやっと勢いを取り戻したところだ。ナラタケに至っては、結局は「不作」のままシーズンを終えてしまうのか。
    10月に入り、ショウゲンジは、標高を下げたアカマツ林などでかなりの数が発生しはじめているようだ。ハナイグチは、どのカラマツ林でも元気だ。ナラタケは、復調とは言い難いが、型のいい個体を何カ所かで見ることができた。ここに来てやっと三役が揃い踏みというところだが、もう来週あたりにはチャナメツムタケなど晩秋のキノコたちが主役の座を奪いはじめるのではないだろうか。


    2010/10/11 (富士山)


    2010/10/11 (富士山)


    2010/10/11 (富士山)

    雨後の富士山

    台風の影響でここ数日断続的に雨が降ったあとの富士山(山梨側)を覗いてきた。富士スバルラインは来週火曜日までマイカー規制が実施されているので、5合目あたりまで行くには下の方からかなりの距離を歩くことになるが、自分の場合、その料金設定に納得のいかない富士スバルラインは日頃から極力使わないようにしているので問題はない。
    富士山にキノコを採りに行く人たちの間で人気の高いショウゲンジは、かなり良い状態で発生が始まっていた(写真上段)。緑の苔絨毯の中から頭を覗かせるその姿はとても可愛らしい。ショウゲンジ狙いの人の中には段ボール箱で2~3個分も採っていくような強者がいるが、フウセンタケ科特有の匂いがあまり好きではない私はまだ若い菌だけを適度に採取した。採る時に土の中からポコッと抜ける感覚が楽しい。
    初めてハッキリと同定できたのがベニハナイグチ(写真中段)。ツガがメインの林の中に、そこそこの数で顔を出していた。このキノコと似ている仲間にはカラマツベニハナイグチウツロベニハナイグチアミハナイグチなどがあるが、いずれもカラマツ林に発生する。この3種はシーズンになるといくらでも見られ、食べることもできるのだが、カサの肉も薄くて弱々しく、苦味のある種類もあるので採取の対象にはしていない。一方で、ベニハナイグチは、カサの肉は厚く、柄も太くて充実している。採った後には黒っぽく変色して見映えはよろしくないが、その味、食感はなかなかのものだ。食材としてはアミタケキノボリイグチに似ているという印象を受けた。
    もう一つ、ポツポツと発生が見られたのがヌメリササタケ(写真下段)。カサにも柄にも強い粘性があるヌメリ系のキノコだ。近い仲間にアブラシメジツバアブラシメジがあるが、柄やヒダが紫色を帯びているのがこの種。ツバアブラシメジなどは硬い柄の食感がよろしくないが、ヌメリササタケは柄も柔らかめで美味しい。味は上品で、ほのかな甘味が感じられる。大量には採れないが、ヌメリ系のキノコでは一番美味しいのではないだろうか。
    このお盆休みを過ぎれば、いよいよ多数のキノコ師たちが御山に入ってくるはずだ。


    2010/8/14 (富士山)


    2010/8/14 (富士山)


    2010/8/14 (富士山)
    Eat-a Fungi.
    東京在住。キノコ中級者。いちばん好きなキノコはチャナメツムタケ。自由業。

    Eat-a Fungi

    Calendar
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    New!
    Monthly Archives
    All Logs List

    >See all logs' list

    Coments
    Trackbacks
    Search
    Recomended Books
    Weather
    Link
    Fungi Index
    アイタケ    アイシメジ アオイヌシメジ アカアザタケ アカチシオタケ アカツムタケ アカハツ    アカモミタケ アカヤマタケ  アカヤマドリ アケボノサクラシメジ アシグロタケ アミガサタケ  アミタケ アミハナイグチ アメリカウラベニイロガワリ アラゲキクラゲ アンズタケ イッポンシメジ イボテングタケ ウスキテングタケ   ウスキモリノカサ ウスタケ    ウスヒラタケ ウツロベニハナイグチ  ウラグロニガイグチ ウラベニガサ  ウラベニホテイシメジ エセオリミキ  エゾハリタケ エノキタケ   オウギタケ オオイチョウタケ オオウスムラサキフウセンタケ オオキツネタケ オオキノボリイグチ オオゴムタケ オオシャグマタケ オオツガタケ  オオツガタケ オオミノイタチハリタケ  オオムラサキフウセンタケ オオモミタケ  オキナクサハツ オシロイシメジ オニイグチ オニウスタケ  オニタケ カキシメジ   カクミノシメジ カニノツメ   カノシタ カベンタケ   カヤタケ カラカサタケ  カラマツチチタケ カラマツベニハナイグチ カワラタケ カワリハツ   カンゾウタケ キアブラシメジ キイボカサタケ キアミアシイグチ キクラゲ キコガサタケ  キサケツバタケ キサマツモドキ キシメジ キタマゴタケ  キチチタケ キチャワンタケ キナメツムタケ キヌガサタケ  キヌメリガサ キノボリイグチ キハツタケ キヒダタケ   キララタケ キンチャワンタケ クサウラベニタケ クサハツモドキ クチキトサカタケ クチベニタケ  クリイロイグチ クリイロチャワンタケ   クリタケ クリフウセンタケ クロカワ クロチチタケ  クロノボリリュウ クロホコリタケ クロラッパタケ ケショウハツ  ケロウジ コウタケ    コガネタケ コガネヤマドリ  コキララタケ コクリノカサ  コスリコギタケ コテングタケモドキ  コビチャニガイグチ サクラシメジ  サクラタケ サケツバタケ ザラエノハラタケ サンコタケ   サンゴハリタケ シイタケ    シシタケ シモフリシメジ ジャガイモタケ シャカシメジ  シャグマアミガサタケ ショウゲンジ  ショウロ シラウオタケ  シロオニタケ シロキクラゲ  シロケシメジモドキ シロシメジ   シロナメツムタケ シロヌメリイグチ   シロヤマイグチ シワチャヤマイグチ   スギタケ スギヒラタケ  ズキンタケ スッポンタケ  センボンイチメガサ タヌキノチャブクロ   タマキクラゲ タマゴタケ   タマシロオニタケ チシオタケ   チチタケ チャナメツムタケ ツエタケ ツガタケ    ツキヨタケ ツチグリ    ツバアブラシメジ ツバキキンカクチャワンタケ  ツバササクレシメシ ツバフウセンタケ    ツルタケ テングツルタケ  トキイロラッパタケ ドクササコ   ドクツルタケ ドクベニタケ  ドクヤマドリ ナカグロモリノカサ   ナメコ ナラタケ   ナラタケモドキ ニオイコベニタケ   ニオイハリタケモドキ ニオイワチチタケニガクリタケ ニガクリタケモドキ   ニカワツノタケ ニカワハリタケ ニシキタケ ニセアシベニイグチ  ニワタケ ヌメリアカチチタケ   ヌメリイグチ ヌメリササタケ ヌメリスギタケ ヌメリツバタケモドキ  ネズミシメジ ノウタケ    ノボリリュウタケ ハタケチャダイゴケ  ハツタケ ハナイグチ   ハナオチバタケ ハナガサイグチ ハナビラタケ ハナビラニカワタケ   バライロウラベニイロガワリ ハルシメジ   ハンノキイグチ ヒグマアミガサタケ   ヒトクチタケ ヒナツチガキ  ヒビワレシロハツ ヒメカバイロタケ   ヒメキクラゲ ヒメサクラシメジ   ヒメスッポンタケ ヒメベニテングタケ   ヒラタケ ヒロハチチタケ フキサクラシメジ フサクギタケ  フサタケ フサヒメホウキタケ   フチドリツエタケ ブナシメジ   ブドウニガイグチ ブナハリタケ  ベニテングタケ ベニハナイグチ ベニヤマタケ ヘラタケ    ホウキタケ ホオベニシロアシイグチ  ホコリタケ ホテイシメジ  ホテイタケ ホンシメジ   マイタケ マクキヌガサタケ    マスタケ マツオウジ   マツタケ マツタケモドキ マメザヤタケ マンネンタケ   ミイノモミウラモドキ ミキイロウスタケ    ミドリニガイグチ ミネシメジ   ミヤマタマゴタケ ムカシオオミダレタケ   ムキタケ ムラサキアブラシメジモドキ ムラサキシメジ ムラサキヤマドリタケ  ムレオオフウセンタケ モエギタケ   モミジタケ ヤギタケ    ヤマイグチ ヤマドリタケ  ヤマドリタケモドキ ヤマブシタケ  ルリハツタケ ロクショウグサレキン  ワタカラカサタケ

    *このブログ中でのキノコの同定には間違いがある可能性もあります。天然キノコを食される場合にはご自身の責任においてご判断ください。 *福島第一原子力発電所事故の影響により富士山をはじめとする各地で天然キノコの採取に対する自粛の要請が自治体から出されています。このサイトは皆さまに各地での天然キノコ採取を薦める主旨のものではありません。くれぐれも、各自、自己責任でのご判断を願います。