鬼のような生命力

    ナラタケには多くの種類があるが、富士山でよくみかけるのはオニナラタケだ。柄が太くて下部が膨らみ、とても頑丈そうな印象がある。ナラタケは繁殖力が旺盛で、枯れ木だけでなく生木までにも菌をはびこらせ、林業関係者には迷惑がられる存在だ。写真の個体は、台風一過の富士山の森で、まだ死んでいるようには見えないシラビソの木からモリモリと発生していたオニナラタケ。このような光景があちこちで見られた。確かに、これは生命力が強そうである。
    そう言えば、「世界最大の生物」は、米国オレゴン州の森林公園内で発見された、推定重量約600tのオニナラタケだという話を聞く。総面積が8900000㎡。もちろん、1つの子実体ではなく、森の木々の中にはびこる菌糸を含めた菌全体のサイズの話である。確かに、この生命力ならば、ひと山を支配するなんてことも可能なのかも知れない。


    2011/9/22 (富士山)


    2011/9/22 (富士山)

    ナラタケの正しい生え方

    富士山では不作気味のナラタケだが、広葉樹主体の山の中に足を運び、その群生を存分に見てきた。立ち枯れ木や倒木などに100個単位で発生している群生があちこちで見られ、やはりナラタケはこうでなければ、という感じだ。いつ見ても、ナラタケの群生の凄さには圧倒される。私はナラタケの細かい分類に詳しくないのだが、キツブナラタケをはじめ、数種類のナラタケが発生していたと思う。


    2010/10/14 (山梨県)


    2010/10/14 (山梨県)


    2010/10/14 (山梨県)

    ナラタケは間に合わなかったか

    キノコ不作の今年の富士山。先週の台風以降の雨と気温低下の結果がそろそろ出始めてるだろうと思い、もう一度、標高の高いところを覗いてきた。
    「誰にでも同定しやすく、数もたくさん採れて、しかも食菌としても優秀とされる」という意味では、ショウゲンジハナイグチナラタケが富士山の3大メジャー菌だと思う。ショウゲンジは、すでにほとんど姿を消していた。ハナイグチはなんとか「間に合った」ようで、上の方から1合目あたりまで、あちこちに姿を見せはじめていた。そしてこのナラタケは、「間に合わなかった」という印象だ。数時間山の中を歩く中で所々に生えてはいたのだが、ナラタケ特有の「息を呑むような群生」には出会えず、なんとか2~30本集めるのが精一杯だった。
    ナラタケは非常に人気の高いキノコで、アシナガ、ボリボリ、オリミキ、サワモタシ(サワモダシ)などローカル名も多く、富士山ではこの菌専門で採りに来ている人にも出会う。調理をすると全体が真っ黒になってしまうが、その味にはクセはなく、ちょっとした甘味が感じられ、油で炒めて塩を振っただけでも美味しい。しかし、その柄は、ボリボリの名のごとく歯ごたえが非常に強く、食べ過ぎると消化不良を起こすといわれるので要注意だ。
    ナラタケは細かく分けると9種類ほどに分類されるそうで、ナラタケ、クロゲナラタケ、ワタゲナラタケ、ヤチナラタケ、キツブナラタケ、オニナラタケなどがある。富士山の標高の高いところではオニナラタケが多いように思う。通常ならば9月の上旬に出はじめ、比較的長い期間発生しているキノコだが、ここからの巻き返しはあるのだろうか。


    2010/9/24 (富士山)


    2010/9/24 (富士山)
    Eat-a Fungi.
    東京在住。キノコ中級者。いちばん好きなキノコはチャナメツムタケ。自由業。

    Eat-a Fungi

    Calendar
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    New!
    Monthly Archives
    All Logs List

    >See all logs' list

    Coments
    Trackbacks
    Search
    Recomended Books
    Weather
    Link
    Fungi Index
    アイタケ    アイシメジ アオイヌシメジ アカアザタケ アカチシオタケ アカツムタケ アカハツ    アカモミタケ アカヤマタケ  アカヤマドリ アケボノサクラシメジ アシグロタケ アミガサタケ  アミタケ アミハナイグチ アメリカウラベニイロガワリ アラゲキクラゲ アンズタケ イッポンシメジ イボテングタケ ウスキテングタケ   ウスキモリノカサ ウスタケ    ウスヒラタケ ウツロベニハナイグチ  ウラグロニガイグチ ウラベニガサ  ウラベニホテイシメジ エセオリミキ  エゾハリタケ エノキタケ   オウギタケ オオイチョウタケ オオウスムラサキフウセンタケ オオキツネタケ オオキノボリイグチ オオゴムタケ オオシャグマタケ オオツガタケ  オオツガタケ オオミノイタチハリタケ  オオムラサキフウセンタケ オオモミタケ  オキナクサハツ オシロイシメジ オニイグチ オニウスタケ  オニタケ カキシメジ   カクミノシメジ カニノツメ   カノシタ カベンタケ   カヤタケ カラカサタケ  カラマツチチタケ カラマツベニハナイグチ カワラタケ カワリハツ   カンゾウタケ キアブラシメジ キイボカサタケ キアミアシイグチ キクラゲ キコガサタケ  キサケツバタケ キサマツモドキ キシメジ キタマゴタケ  キチチタケ キチャワンタケ キナメツムタケ キヌガサタケ  キヌメリガサ キノボリイグチ キハツタケ キヒダタケ   キララタケ キンチャワンタケ クサウラベニタケ クサハツモドキ クチキトサカタケ クチベニタケ  クリイロイグチ クリイロチャワンタケ   クリタケ クリフウセンタケ クロカワ クロチチタケ  クロノボリリュウ クロホコリタケ クロラッパタケ ケショウハツ  ケロウジ コウタケ    コガネタケ コガネヤマドリ  コキララタケ コクリノカサ  コスリコギタケ コテングタケモドキ  コビチャニガイグチ サクラシメジ  サクラタケ サケツバタケ ザラエノハラタケ サンコタケ   サンゴハリタケ シイタケ    シシタケ シモフリシメジ ジャガイモタケ シャカシメジ  シャグマアミガサタケ ショウゲンジ  ショウロ シラウオタケ  シロオニタケ シロキクラゲ  シロケシメジモドキ シロシメジ   シロナメツムタケ シロヌメリイグチ   シロヤマイグチ シワチャヤマイグチ   スギタケ スギヒラタケ  ズキンタケ スッポンタケ  センボンイチメガサ タヌキノチャブクロ   タマキクラゲ タマゴタケ   タマシロオニタケ チシオタケ   チチタケ チャナメツムタケ ツエタケ ツガタケ    ツキヨタケ ツチグリ    ツバアブラシメジ ツバキキンカクチャワンタケ  ツバササクレシメシ ツバフウセンタケ    ツルタケ テングツルタケ  トキイロラッパタケ ドクササコ   ドクツルタケ ドクベニタケ  ドクヤマドリ ナカグロモリノカサ   ナメコ ナラタケ   ナラタケモドキ ニオイコベニタケ   ニオイハリタケモドキ ニオイワチチタケニガクリタケ ニガクリタケモドキ   ニカワツノタケ ニカワハリタケ ニシキタケ ニセアシベニイグチ  ニワタケ ヌメリアカチチタケ   ヌメリイグチ ヌメリササタケ ヌメリスギタケ ヌメリツバタケモドキ  ネズミシメジ ノウタケ    ノボリリュウタケ ハタケチャダイゴケ  ハツタケ ハナイグチ   ハナオチバタケ ハナガサイグチ ハナビラタケ ハナビラニカワタケ   バライロウラベニイロガワリ ハルシメジ   ハンノキイグチ ヒグマアミガサタケ   ヒトクチタケ ヒナツチガキ  ヒビワレシロハツ ヒメカバイロタケ   ヒメキクラゲ ヒメサクラシメジ   ヒメスッポンタケ ヒメベニテングタケ   ヒラタケ ヒロハチチタケ フキサクラシメジ フサクギタケ  フサタケ フサヒメホウキタケ   フチドリツエタケ ブナシメジ   ブドウニガイグチ ブナハリタケ  ベニテングタケ ベニハナイグチ ベニヤマタケ ヘラタケ    ホウキタケ ホオベニシロアシイグチ  ホコリタケ ホテイシメジ  ホテイタケ ホンシメジ   マイタケ マクキヌガサタケ    マスタケ マツオウジ   マツタケ マツタケモドキ マメザヤタケ マンネンタケ   ミイノモミウラモドキ ミキイロウスタケ    ミドリニガイグチ ミネシメジ   ミヤマタマゴタケ ムカシオオミダレタケ   ムキタケ ムラサキアブラシメジモドキ ムラサキシメジ ムラサキヤマドリタケ  ムレオオフウセンタケ モエギタケ   モミジタケ ヤギタケ    ヤマイグチ ヤマドリタケ  ヤマドリタケモドキ ヤマブシタケ  ルリハツタケ ロクショウグサレキン  ワタカラカサタケ

    *このブログ中でのキノコの同定には間違いがある可能性もあります。天然キノコを食される場合にはご自身の責任においてご判断ください。 *福島第一原子力発電所事故の影響により富士山をはじめとする各地で天然キノコの採取に対する自粛の要請が自治体から出されています。このサイトは皆さまに各地での天然キノコ採取を薦める主旨のものではありません。くれぐれも、各自、自己責任でのご判断を願います。