雨後のキクラゲ

    雨後のゴールデンウィーク初日、都内の公園にて。切り株や、まだ生きている樹の「枝を切り落とした跡」に、新鮮なキクラゲが出ていた。肉厚で色の濃いアラゲキクラゲとは異なり、レギュラーのキクラゲは耳たぶのように柔らかく透明感も強い。料理にした際も、まるでゼリーのような食感で、普段食べ慣れているキクラゲ(通常はアラゲキクラゲの乾燥もの)とはまったく違うモノのように感じる。


    2012/4/28 (東京郊外)


    2012/4/28 (東京郊外)

    木耳4種

    すでに梅雨のような雨天続きの合間に、里山を見てきた。あっちこっちの枯れ木に、水分を吸ってプルンプルンになったキクラゲ類が元気な姿を見せていた。
    キクラゲ」と聞くと、通常市販されているアラゲキクラゲを想像するので、もっと黒くてぶ厚いイメージがあるが、レギュラーのキクラゲは色形がとても穏やかで、空にかざすと光が透けて見える。食べた時の歯ごたえも、ソフトである。真っ白なシロキクラゲはデザート向き。汚れ知らずの若い菌は、なんとも美しい。玉のような粒が枯れ枝に並ぶのは、タマキクラゲ。写真をアップした個体は玉が潰れ気味だが、小さな粒が小枝に並ぶ姿は可愛らしい。枝にコールタールがへばりついたように見えるのはヒメキクラゲ。もともとは小さな球状の子実体として発生するが、それぞれが融合してこんな姿になるらしい。こう見えても食べられるようだが、なかなか手が出せない見映えではある。
    天候に合わせ乾燥~吸水を繰り返して成長していくキクラゲ類は、これからの梅雨シーズンの森の主役の一つだ。


    2011/5/25 (東京郊外) ※キクラゲ


    2011/5/25 (東京郊外) ※シロキクラゲ


    2011/5/25 (東京郊外) ※タマキクラゲ


    2011/5/25 (東京郊外) ※ヒメキクラゲ

    キクラゲ

     このキクラゲというキノコも都会の公園や里山で普通に見つけられる。春から秋に発生。乾燥時には、刈り取られた木の枝や倒木にゴミのように張り付いているが、雨が降ると見事に復活する。まるで形状記憶菌という感じだ。市販されている「キクラゲ」のほとんどはアラゲキクラゲらしい。あの「コリコリ」とした歯ごたえはアラゲキクラゲならではの食感だ。こちらも、公園などで普通に見られる。キクラゲに比べると肉が厚く硬めで、裏側に白っぽい微毛が生えている。本当のキクラゲの食感はコリコリというよりはプルプルといった感じで寒天質。写真は上がキクラゲ、下がアラゲキクラゲ
     採ってきた天然キノコのメニューを考える時、どうしてもステレオタイプなものに落ち着いてしまい、自分の独創性の無さに嫌気がさす。通常はキクラゲといえばやはり中華系ということになろうが、先日はアラゲキクラゲを刻んで和風の炊き込みご飯にぶち込んでみた。これは、全体的に温和しい料理の中でなかなかのアクセントになって面白く、また美味だった。


    2010/4/29 (東京郊外)


    2010/4/29 (東京郊外)
    Eat-a Fungi.
    東京在住。キノコ中級者。いちばん好きなキノコはチャナメツムタケ。自由業。

    Eat-a Fungi

    Calendar
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    New!
    Monthly Archives
    All Logs List

    >See all logs' list

    Coments
    Trackbacks
    Search
    Recomended Books
    Weather
    Link
    Fungi Index
    アイタケ    アイシメジ アオイヌシメジ アカアザタケ アカチシオタケ アカツムタケ アカハツ    アカモミタケ アカヤマタケ  アカヤマドリ アケボノサクラシメジ アシグロタケ アミガサタケ  アミタケ アミハナイグチ アメリカウラベニイロガワリ アラゲキクラゲ アンズタケ イッポンシメジ イボテングタケ ウスキテングタケ   ウスキモリノカサ ウスタケ    ウスヒラタケ ウツロベニハナイグチ  ウラグロニガイグチ ウラベニガサ  ウラベニホテイシメジ エセオリミキ  エゾハリタケ エノキタケ   オウギタケ オオイチョウタケ オオウスムラサキフウセンタケ オオキツネタケ オオキノボリイグチ オオゴムタケ オオシャグマタケ オオツガタケ  オオツガタケ オオミノイタチハリタケ  オオムラサキフウセンタケ オオモミタケ  オキナクサハツ オシロイシメジ オニイグチ オニウスタケ  オニタケ カキシメジ   カクミノシメジ カニノツメ   カノシタ カベンタケ   カヤタケ カラカサタケ  カラマツチチタケ カラマツベニハナイグチ カワラタケ カワリハツ   カンゾウタケ キアブラシメジ キイボカサタケ キアミアシイグチ キクラゲ キコガサタケ  キサケツバタケ キサマツモドキ キシメジ キタマゴタケ  キチチタケ キチャワンタケ キナメツムタケ キヌガサタケ  キヌメリガサ キノボリイグチ キハツタケ キヒダタケ   キララタケ キンチャワンタケ クサウラベニタケ クサハツモドキ クチキトサカタケ クチベニタケ  クリイロイグチ クリイロチャワンタケ   クリタケ クリフウセンタケ クロカワ クロチチタケ  クロノボリリュウ クロホコリタケ クロラッパタケ ケショウハツ  ケロウジ コウタケ    コガネタケ コガネヤマドリ  コキララタケ コクリノカサ  コスリコギタケ コテングタケモドキ  コビチャニガイグチ サクラシメジ  サクラタケ サケツバタケ ザラエノハラタケ サンコタケ   サンゴハリタケ シイタケ    シシタケ シモフリシメジ ジャガイモタケ シャカシメジ  シャグマアミガサタケ ショウゲンジ  ショウロ シラウオタケ  シロオニタケ シロキクラゲ  シロケシメジモドキ シロシメジ   シロナメツムタケ シロヌメリイグチ   シロヤマイグチ シワチャヤマイグチ   スギタケ スギヒラタケ  ズキンタケ スッポンタケ  センボンイチメガサ タヌキノチャブクロ   タマキクラゲ タマゴタケ   タマシロオニタケ チシオタケ   チチタケ チャナメツムタケ ツエタケ ツガタケ    ツキヨタケ ツチグリ    ツバアブラシメジ ツバキキンカクチャワンタケ  ツバササクレシメシ ツバフウセンタケ    ツルタケ テングツルタケ  トキイロラッパタケ ドクササコ   ドクツルタケ ドクベニタケ  ドクヤマドリ ナカグロモリノカサ   ナメコ ナラタケ   ナラタケモドキ ニオイコベニタケ   ニオイハリタケモドキ ニオイワチチタケニガクリタケ ニガクリタケモドキ   ニカワツノタケ ニカワハリタケ ニシキタケ ニセアシベニイグチ  ニワタケ ヌメリアカチチタケ   ヌメリイグチ ヌメリササタケ ヌメリスギタケ ヌメリツバタケモドキ  ネズミシメジ ノウタケ    ノボリリュウタケ ハタケチャダイゴケ  ハツタケ ハナイグチ   ハナオチバタケ ハナガサイグチ ハナビラタケ ハナビラニカワタケ   バライロウラベニイロガワリ ハルシメジ   ハンノキイグチ ヒグマアミガサタケ   ヒトクチタケ ヒナツチガキ  ヒビワレシロハツ ヒメカバイロタケ   ヒメキクラゲ ヒメサクラシメジ   ヒメスッポンタケ ヒメベニテングタケ   ヒラタケ ヒロハチチタケ フキサクラシメジ フサクギタケ  フサタケ フサヒメホウキタケ   フチドリツエタケ ブナシメジ   ブドウニガイグチ ブナハリタケ  ベニテングタケ ベニハナイグチ ベニヤマタケ ヘラタケ    ホウキタケ ホオベニシロアシイグチ  ホコリタケ ホテイシメジ  ホテイタケ ホンシメジ   マイタケ マクキヌガサタケ    マスタケ マツオウジ   マツタケ マツタケモドキ マメザヤタケ マンネンタケ   ミイノモミウラモドキ ミキイロウスタケ    ミドリニガイグチ ミネシメジ   ミヤマタマゴタケ ムカシオオミダレタケ   ムキタケ ムラサキアブラシメジモドキ ムラサキシメジ ムラサキヤマドリタケ  ムレオオフウセンタケ モエギタケ   モミジタケ ヤギタケ    ヤマイグチ ヤマドリタケ  ヤマドリタケモドキ ヤマブシタケ  ルリハツタケ ロクショウグサレキン  ワタカラカサタケ

    *このブログ中でのキノコの同定には間違いがある可能性もあります。天然キノコを食される場合にはご自身の責任においてご判断ください。 *福島第一原子力発電所事故の影響により富士山をはじめとする各地で天然キノコの採取に対する自粛の要請が自治体から出されています。このサイトは皆さまに各地での天然キノコ採取を薦める主旨のものではありません。くれぐれも、各自、自己責任でのご判断を願います。