チャナメの流れからの我欲が危険

    標高の高いところでは、そろそろチャナメツムタケが姿を現しはじめてきたが、そのすぐ隣にコイツも出てきているので要注意だ。
    チャナメをポツポツと採っていた流れでこの群生を見つけたので、ついつい喜んでしまった。おお、おお、見事なチャナメの群ではないか。しかし、中の数本を抜いてみると、どうもチャナメとは感触が違う。裏のヒダを見て、ははあ、納得した。この柄の太さ、このシミはカキシメジだ。この個体は、典型的な柿渋色をしていた。
    先ずこのキノコだけを見つけたのであれば、もっと冷静に「疑い」を持って臨んだのであろうが、その直前に確実なる食菌を見つけていた、という流れが曲者だ。乾燥によりどのキノコも似たように見える状況だった、というのも留意すべきポイントだろう。皆さまも、お気をつけのほどを。


    2013/9/20 (富士山)


    2013/9/20 (富士山)

    消去法でカキシメジ

    中毒数で言えば、日本の毒キノコ御三家はクサウラベニタケツキヨタケ、そしてカキシメジということになる。これに、最近ニュースを賑わせているニガクリタケを入れれば、毒キノコ四天王ということになろう。
    この中で、決定的な特徴が少ない菌と言えばカキシメジではないだろうか。私などは、褐色系の美味しそうなキノコを見つけて、当てはまる食菌が出てこなかった場合に、「じゃあ、カキシメジだ」というような非常に曖昧な判断ばかりしている。カキシメジの判断材料としては「ヒダに赤褐色のシミができる」というポイントが挙げられるが、若い菌ではシミのないものが普通にある。カキシメジのわかりにくさは、種としての変異というよりは、状況によっての見映えの変化が大きいことによるのではないか。特に、濡れている時と乾燥している時では、そのヌメリ具合や色合いが大きく異なる。いずれにしても見た時の印象が「美味しそう」という点が、一番の特徴かも知れない。
    ここに挙げた写真も、私の中では消去法的にカキシメジという結論に至っているが、もしかしたら間違っているかも知れない。いかがだろうか?


    2010/10/6 (富士山) ※カサの表面が乾燥気味の状態。


    2010/10/6 (富士山) ※長い間、カサの縁が内側に巻き気味であるのも特徴か。
    Eat-a Fungi.
    東京在住。キノコ中級者。いちばん好きなキノコはチャナメツムタケ。自由業。

    Eat-a Fungi

    Calendar
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    New!
    Monthly Archives
    All Logs List

    >See all logs' list

    Coments
    Trackbacks
    Search
    Recomended Books
    Weather
    Link
    Fungi Index
    アイタケ    アイシメジ アオイヌシメジ アカアザタケ アカチシオタケ アカツムタケ アカハツ    アカモミタケ アカヤマタケ  アカヤマドリ アケボノサクラシメジ アシグロタケ アミガサタケ  アミタケ アミハナイグチ アメリカウラベニイロガワリ アラゲキクラゲ アンズタケ イッポンシメジ イボテングタケ ウスキテングタケ   ウスキモリノカサ ウスタケ    ウスヒラタケ ウツロベニハナイグチ  ウラグロニガイグチ ウラベニガサ  ウラベニホテイシメジ エセオリミキ  エゾハリタケ エノキタケ   オウギタケ オオイチョウタケ オオウスムラサキフウセンタケ オオキツネタケ オオキノボリイグチ オオゴムタケ オオシャグマタケ オオツガタケ  オオツガタケ オオミノイタチハリタケ  オオムラサキフウセンタケ オオモミタケ  オキナクサハツ オシロイシメジ オニイグチ オニウスタケ  オニタケ カキシメジ   カクミノシメジ カニノツメ   カノシタ カベンタケ   カヤタケ カラカサタケ  カラマツチチタケ カラマツベニハナイグチ カワラタケ カワリハツ   カンゾウタケ キアブラシメジ キイボカサタケ キアミアシイグチ キクラゲ キコガサタケ  キサケツバタケ キサマツモドキ キシメジ キタマゴタケ  キチチタケ キチャワンタケ キナメツムタケ キヌガサタケ  キヌメリガサ キノボリイグチ キハツタケ キヒダタケ   キララタケ キンチャワンタケ クサウラベニタケ クサハツモドキ クチキトサカタケ クチベニタケ  クリイロイグチ クリイロチャワンタケ   クリタケ クリフウセンタケ クロカワ クロチチタケ  クロノボリリュウ クロホコリタケ クロラッパタケ ケショウハツ  ケロウジ コウタケ    コガネタケ コガネヤマドリ  コキララタケ コクリノカサ  コスリコギタケ コテングタケモドキ  コビチャニガイグチ サクラシメジ  サクラタケ サケツバタケ ザラエノハラタケ サンコタケ   サンゴハリタケ シイタケ    シシタケ シモフリシメジ ジャガイモタケ シャカシメジ  シャグマアミガサタケ ショウゲンジ  ショウロ シラウオタケ  シロオニタケ シロキクラゲ  シロケシメジモドキ シロシメジ   シロナメツムタケ シロヌメリイグチ   シロヤマイグチ シワチャヤマイグチ   スギタケ スギヒラタケ  ズキンタケ スッポンタケ  センボンイチメガサ タヌキノチャブクロ   タマキクラゲ タマゴタケ   タマシロオニタケ チシオタケ   チチタケ チャナメツムタケ ツエタケ ツガタケ    ツキヨタケ ツチグリ    ツバアブラシメジ ツバキキンカクチャワンタケ  ツバササクレシメシ ツバフウセンタケ    ツルタケ テングツルタケ  トキイロラッパタケ ドクササコ   ドクツルタケ ドクベニタケ  ドクヤマドリ ナカグロモリノカサ   ナメコ ナラタケ   ナラタケモドキ ニオイコベニタケ   ニオイハリタケモドキ ニオイワチチタケニガクリタケ ニガクリタケモドキ   ニカワツノタケ ニカワハリタケ ニシキタケ ニセアシベニイグチ  ニワタケ ヌメリアカチチタケ   ヌメリイグチ ヌメリササタケ ヌメリスギタケ ヌメリツバタケモドキ  ネズミシメジ ノウタケ    ノボリリュウタケ ハタケチャダイゴケ  ハツタケ ハナイグチ   ハナオチバタケ ハナガサイグチ ハナビラタケ ハナビラニカワタケ   バライロウラベニイロガワリ ハルシメジ   ハンノキイグチ ヒグマアミガサタケ   ヒトクチタケ ヒナツチガキ  ヒビワレシロハツ ヒメカバイロタケ   ヒメキクラゲ ヒメサクラシメジ   ヒメスッポンタケ ヒメベニテングタケ   ヒラタケ ヒロハチチタケ フキサクラシメジ フサクギタケ  フサタケ フサヒメホウキタケ   フチドリツエタケ ブナシメジ   ブドウニガイグチ ブナハリタケ  ベニテングタケ ベニハナイグチ ベニヤマタケ ヘラタケ    ホウキタケ ホオベニシロアシイグチ  ホコリタケ ホテイシメジ  ホテイタケ ホンシメジ   マイタケ マクキヌガサタケ    マスタケ マツオウジ   マツタケ マツタケモドキ マメザヤタケ マンネンタケ   ミイノモミウラモドキ ミキイロウスタケ    ミドリニガイグチ ミネシメジ   ミヤマタマゴタケ ムカシオオミダレタケ   ムキタケ ムラサキアブラシメジモドキ ムラサキシメジ ムラサキヤマドリタケ  ムレオオフウセンタケ モエギタケ   モミジタケ ヤギタケ    ヤマイグチ ヤマドリタケ  ヤマドリタケモドキ ヤマブシタケ  ルリハツタケ ロクショウグサレキン  ワタカラカサタケ

    *このブログ中でのキノコの同定には間違いがある可能性もあります。天然キノコを食される場合にはご自身の責任においてご判断ください。 *福島第一原子力発電所事故の影響により富士山をはじめとする各地で天然キノコの採取に対する自粛の要請が自治体から出されています。このサイトは皆さまに各地での天然キノコ採取を薦める主旨のものではありません。くれぐれも、各自、自己責任でのご判断を願います。