コガネヌメリガサもしくはウコンヌメリガサ

    秋も終盤に、カラマツ林の中に黄色い可憐なキノコが姿を現す。キヌメリガサ。地元の人たちからはコンキタケなどと呼ばれる。小さい上にぬめりが強く、散生するこのキノコを集めるのには根気が要る。採取以上に、後からのゴミの処理にはとても骨が折れる。
    キヌメリガサはカサの全体が黄色を帯びるが、ここに挙げた個体のようにカサの中央がオレンジ色を帯びている菌は仮称コガネヌメリガサもしくはウコンヌメリガサと言われ別種類らしい。柄の上部は白く、下部は黄色を帯びて太まっている。白い部分と黄色い部分の間にハッキリと段差が付いているような個体もある。柄全体が白いキヌメリガサに比べて、この黄色い部分が強い粘性を生み出しているようだ。
    キヌメリガサがカラマツ林に発生するのに対してコガネヌメリガサは高山帯の針葉樹林に出る、という説明がされるが、写真の個体は富士山のカラマツ林に出ていた。以前にアップした「キヌメリガサ」も、いま見直してみるとコガネヌメリガサと思われる。富士山では逆にキヌメリガサの方が珍しいのだろうか?その違いがハッキリしないので、ここでは「キヌメリガサ」で一括りにしておこうと思う。どちらにしろ汁物の具などにすると美味しく食べられるキノコだ。


    2014/10/17 (富士山)


    2014/10/17 (富士山)


    ※柄の上部とヒダは白色

    このキノコとともに秋は過ぎ去ってゆく

    8月中から頻繁に山に通いつづけてキノコを見ていると、季節が移ろいゆくのを敏感に感じ取ることができる。下界では、紅葉が始まる今頃からが「秋本番」という印象だろうが、山の中では、すでに冬が近づいてきている。
    黄色くて小さなキヌメリガサは、秋の終わりを告げるキノコだ。このキノコが出始めると、キノコ師たちは「ああ、もう今シーズンも終わりか」と、3ヵ月近く続いた狂騒の季節を振り返り、少し切なく寂しい気持ちにもなりながら森の中を歩くことになる。カラマツ林を中心に、たくさん発生するキノコだが、小さくてヌメリが強く、採るのに根気がいるので「コンキタケ」とも。珍しい存在でもなく、いくらでも採れる。その上、処理も面倒だからか、このキノコを軽んじる人もいるが、かなり優秀な食菌だと思う。小さくても主張は強く、ナメコのようなヌメリと土臭さを備えた日本人好みのキノコだ。
    これから出てくるナメコエノキタケなどの冬キノコもあるが、気温を一気に下げる山々は冬景色へと姿を変え、人間の侵入を拒むようになる。今シーズンの恵みに感謝をし、また、来シーズンの豊作を願い、寒風の中、キノコ師たちは山の神々に挨拶をしながらキヌメリガサの黄色を辿ってゆく。


    2010/10/27 (富士山)


    2010/10/27 (富士山)
    Eat-a Fungi.
    東京在住。キノコ中級者。いちばん好きなキノコはチャナメツムタケ。自由業。

    Eat-a Fungi

    Calendar
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    New!
    Monthly Archives
    All Logs List

    >See all logs' list

    Coments
    Trackbacks
    Search
    Recomended Books
    Weather
    Link
    Fungi Index
    アイタケ    アイシメジ アオイヌシメジ アカアザタケ アカチシオタケ アカツムタケ アカハツ    アカモミタケ アカヤマタケ  アカヤマドリ アケボノサクラシメジ アシグロタケ アミガサタケ  アミタケ アミハナイグチ アメリカウラベニイロガワリ アラゲキクラゲ アンズタケ イッポンシメジ イボテングタケ ウスキテングタケ   ウスキモリノカサ ウスタケ    ウスヒラタケ ウツロベニハナイグチ  ウラグロニガイグチ ウラベニガサ  ウラベニホテイシメジ エセオリミキ  エゾハリタケ エノキタケ   オウギタケ オオイチョウタケ オオウスムラサキフウセンタケ オオキツネタケ オオキノボリイグチ オオゴムタケ オオシャグマタケ オオツガタケ  オオツガタケ オオミノイタチハリタケ  オオムラサキフウセンタケ オオモミタケ  オキナクサハツ オシロイシメジ オニイグチ オニウスタケ  オニタケ カキシメジ   カクミノシメジ カニノツメ   カノシタ カベンタケ   カヤタケ カラカサタケ  カラマツチチタケ カラマツベニハナイグチ カワラタケ カワリハツ   カンゾウタケ キアブラシメジ キイボカサタケ キアミアシイグチ キクラゲ キコガサタケ  キサケツバタケ キサマツモドキ キシメジ キタマゴタケ  キチチタケ キチャワンタケ キナメツムタケ キヌガサタケ  キヌメリガサ キノボリイグチ キハツタケ キヒダタケ   キララタケ キンチャワンタケ クサウラベニタケ クサハツモドキ クチキトサカタケ クチベニタケ  クリイロイグチ クリイロチャワンタケ   クリタケ クリフウセンタケ クロカワ クロチチタケ  クロノボリリュウ クロホコリタケ クロラッパタケ ケショウハツ  ケロウジ コウタケ    コガネタケ コガネヤマドリ  コキララタケ コクリノカサ  コスリコギタケ コテングタケモドキ  コビチャニガイグチ サクラシメジ  サクラタケ サケツバタケ ザラエノハラタケ サンコタケ   サンゴハリタケ シイタケ    シシタケ シモフリシメジ ジャガイモタケ シャカシメジ  シャグマアミガサタケ ショウゲンジ  ショウロ シラウオタケ  シロオニタケ シロキクラゲ  シロケシメジモドキ シロシメジ   シロナメツムタケ シロヌメリイグチ   シロヤマイグチ シワチャヤマイグチ   スギタケ スギヒラタケ  ズキンタケ スッポンタケ  センボンイチメガサ タヌキノチャブクロ   タマキクラゲ タマゴタケ   タマシロオニタケ チシオタケ   チチタケ チャナメツムタケ ツエタケ ツガタケ    ツキヨタケ ツチグリ    ツバアブラシメジ ツバキキンカクチャワンタケ  ツバササクレシメシ ツバフウセンタケ    ツルタケ テングツルタケ  トキイロラッパタケ ドクササコ   ドクツルタケ ドクベニタケ  ドクヤマドリ ナカグロモリノカサ   ナメコ ナラタケ   ナラタケモドキ ニオイコベニタケ   ニオイハリタケモドキ ニオイワチチタケニガクリタケ ニガクリタケモドキ   ニカワツノタケ ニカワハリタケ ニシキタケ ニセアシベニイグチ  ニワタケ ヌメリアカチチタケ   ヌメリイグチ ヌメリササタケ ヌメリスギタケ ヌメリツバタケモドキ  ネズミシメジ ノウタケ    ノボリリュウタケ ハタケチャダイゴケ  ハツタケ ハナイグチ   ハナオチバタケ ハナガサイグチ ハナビラタケ ハナビラニカワタケ   バライロウラベニイロガワリ ハルシメジ   ハンノキイグチ ヒグマアミガサタケ   ヒトクチタケ ヒナツチガキ  ヒビワレシロハツ ヒメカバイロタケ   ヒメキクラゲ ヒメサクラシメジ   ヒメスッポンタケ ヒメベニテングタケ   ヒラタケ ヒロハチチタケ フキサクラシメジ フサクギタケ  フサタケ フサヒメホウキタケ   フチドリツエタケ ブナシメジ   ブドウニガイグチ ブナハリタケ  ベニテングタケ ベニハナイグチ ベニヤマタケ ヘラタケ    ホウキタケ ホオベニシロアシイグチ  ホコリタケ ホテイシメジ  ホテイタケ ホンシメジ   マイタケ マクキヌガサタケ    マスタケ マツオウジ   マツタケ マツタケモドキ マメザヤタケ マンネンタケ   ミイノモミウラモドキ ミキイロウスタケ    ミドリニガイグチ ミネシメジ   ミヤマタマゴタケ ムカシオオミダレタケ   ムキタケ ムラサキアブラシメジモドキ ムラサキシメジ ムラサキヤマドリタケ  ムレオオフウセンタケ モエギタケ   モミジタケ ヤギタケ    ヤマイグチ ヤマドリタケ  ヤマドリタケモドキ ヤマブシタケ  ルリハツタケ ロクショウグサレキン  ワタカラカサタケ

    *このブログ中でのキノコの同定には間違いがある可能性もあります。天然キノコを食される場合にはご自身の責任においてご判断ください。 *福島第一原子力発電所事故の影響により富士山をはじめとする各地で天然キノコの採取に対する自粛の要請が自治体から出されています。このサイトは皆さまに各地での天然キノコ採取を薦める主旨のものではありません。くれぐれも、各自、自己責任でのご判断を願います。