シーズンに終わりを告げるキノコ

    「このキノコが出ると、もうシーズンも終わりだ」と思わせるような菌がいくつかある。シモフリシメジフユヤマタケ、そしてここに写真をあげたムラサキシメジキヌメリガサなどもその類であろう。
    広葉樹の山はその肌が落ち葉で埋め尽くされ、自分の脚を進めるたびに踏みしめる音はもちろんのこと、木々からハラハラと葉が落ちて地面に触れる際の音までが乾ききっている。カサカサの落ち葉を掻き分けて、ムラサキシメジがポコポコと姿を現していた。若いうちにはキレイな紫色を呈しているが、成菌になると色あせて白っぽくなる。この時期にたくさん収穫できるキノコではあるが、食感、味わいともに「ゴムっぽい」ので、個人的にはあまり触手が伸びない。
    富士山のカラマツ林の中では、いつもはヌルヌルとしているキヌメリガサまでが乾いて、カラマツの葉をカサに貼り付けていた。「キノコ」を始めたばかりの頃は、ハナイグチなどの良菌がたくさん姿を見せるカラマツ林にもよく足を運んだのだが、最近では、サプライズの少ないカラマツ林はどちらかというと避ける傾向さえあり、シーズン終盤のキヌメリガサ採取もしなくなってしまった。コンキタケとも言われるこの菌は、採取・処理ともに手間がかかるが、非常に優秀な食菌だと思う。
    今の時期に山を巡るのは、「シーズン最後のサプライズ」を期待してという意味もあるが、今年も世話になった山や樹々に感謝の挨拶をしてまわるという意味も大きい。


    2011/10/27 (山梨県)


    2011/10/27 (富士山)

    クサイ菌の代表格

    そういえば、この菌のキレイな姿を見たことがなかった。スッポンタケ。グレバというクサイ粘液で誘い、虫に胞子を運ばせるタイプのキノコだ。山の中で出会う時は、たいていが、発生してから数日後のスッポンタケで、雨でグレバが流されたものや、地面に倒れているような個体しか見ていなかった。
    キヌガサタケと同じように、このスッポンタケも湿度などの条件が揃った日の朝に首を伸ばして姿を現すのだと思う。ここに写真をアップした個体に出会ったのは午後1時過ぎだったのだが、20本ほどが集まって生えていた中で、その多くはすでに倒れたり、しおれたりしていた。グレバが少し流れ始めていたので、もしかしたら前日以前に生えたものかもしれない。ここまで成長していると、さすがに、周囲には異臭が漂う。キヌガサタケより美味いとも言われるので、成長したばかりの新鮮な個体に出会ったら、柄の部分を持ち帰って、ぜひ試食してみたいのだが。


    2011/10/27 (山梨県)


    2011/10/27 (山梨県) ※グレバは黒緑色をしている


    ※卵の状態とその切断面

    ダルマのお肌はシワシワ

    昨シーズン、ムレオオフウセンタケ=通称ダルマを見つけた広葉樹の山に入ってみたが、地面はどこもカサカサ、3つほどが群れていたダルマも、乾燥してボロボロだった。写真の、大きく成長した個体はカサの表面がしわしわになっているが、これは乾燥のためではなく、幼菌のうちからムレオオフウセンタケに備わっている特徴だ。


    2011/10/27 (山梨県)

    炒めればシャキシャキ煮込めばシットリの良菌

    今月半ばに、小さな子どものいる友人たちを誘って、富士山の下の方でファミリーキノコ狩りをやったのだが、その際にも、みんなヤギタケをポツポツと採ってきていた。今年は、どうやらヤギタケが豊作らしい。そう考え、数年前に出会ったことのあるヤギタケの群生に会いたくてアカマツと広葉樹の混生林をウロチョロしてみたのだが、散生という具合のヤギタケにしか出会えなかった。地面は完全に乾燥して冬モード。タイミングがちょっと遅かったようだ。
    以前、ヤギタケがたくさん採れた時には、炒めてパスタの具などに使った。採った時には全体に脆いイメージがあるが、熱を通すと弾力が出て、シャキシャキとした歯ごたえが美味しかった。今回は、和風の煮物に使ってみたが、茹でるとしっとりとした弾力になり、これもなかなか美味。味はそれほど強くないが、食材としてはマイルドなシメジという感じで、非常に優秀な食菌だと思う。


    2011/10/27 (富士山)


    2011/10/27 (富士山)


    ※ちょっと粗めで真っ白なヒダが特徴

    今シーズン最後の一株?

    2週間ほど前にマメの状態で見つけて、採らずにおいてきた株。大きく開いた状態になっていたので、ありがたくいただいてきました。とりあえず、今シーズンのマイタケはこれが最後かな。今年も楽しませていただいて、マイタケ山に感謝です。


    2011/10/20 (山梨県)

    スギタケふたたび

    先日、富士山の中で見つけたスギタケをアップしたばかりではあるが、再びである。
    コウタケが出る山の細い林道をクルマで走っていたら、道路脇にキノコが群生しているのが目に飛び込んできた。クルマを停めて見てみると、道路のアスファルトと縁のコンクリートブロックの隙間から下の写真のようなキノコがモリモリと発生していた。これは土から生えているからツチスギタケだなと一瞬考えたのだが、この個体は色味が黄色に振れすぎている。ネット上で見ていたツチスギタケは、かなり茶色っぽい地味めな印象があったのだが・・・。
    家に帰ってから「山渓カラー名鑑・日本のきのこ」で調べてみると、「ツチスギタケ」のページには色がそれほど茶色っぽくもない個体が載っている。あれ、やっぱツチスギタケでいいのか?色の変異が強いのだろうか?などと思いつつも、ネット上でいろいろ調べてみると、真相(それほど大層なことではないが・・・)が見えてきた。どうやら、「山渓カラー名鑑」に載っているツチスギタケの写真は、スギタケを誤って掲載しているということらしい。「土に生えているからツチスギタケ」という考え方から来たミスらしく、土から生えていても、土中に埋もれた腐朽木などから生えているスギタケであることが往々にしてあるということのようだ。そういう情報に鑑みると、ここに挙げた写真の個体は、その典型的な色味や鱗片から推測して、地中の埋もれ木から発生した「スギタケ」なのであろう。
    ただ、もう一つだけ疑問が残ったのは、このキノコが生えていた場所についてである。全体としては「広葉樹の山」と言えるよう環境なのだが、この道の両脇に限って言えば「スギ/ヒノキの植林地」だった。スギタケだからスギ林に生えていても当たり前なのでは?・・・いやいや、スギタケは基本的に広葉樹から生えるキノコだ。スギタケの「スギ」は、植生ではなく、このキノコの見映えから来ているということはよく知られている。スギに生えるスギタケもあるのか?いやいや、きっと、植林前の広葉樹が地中に埋まっていて、そこから生えてきているんだろうな・・・。こいつは、二重のフェイクで謎を突きつけてきたスギタケであった。


    2011/10/20 (山梨県)


    2011/10/20 (山梨県) ※まわりにスギの枯れ葉が落ちているのが見えるでしょう


    ※このササクレや鱗片の見映えがスギの木に似ているからスギタケと呼ばれる

    晩秋の広葉樹林の定番

    自分がメインフィールドとしている富士山では、「クリタケモドキ」とか「ニガクリタケモドキ」と呼ばれるクリタケの仲間は見つかるが、真正のクリタケはあまりポピュラーではないイメージがある。一方で、マイタケコウタケを狙って秋の終盤に広葉樹の山に入ると、このキノコが切株や立ち枯れ木などの根元に群生しているのを普通に見つけられる。その、白い鱗片を付けたカサが多数寄り添って束生する姿はとても可愛らしい。
    味の方はと言うと、正直言って、それほどの味ではないように思う。採取して家に持ち帰ってみると、ほとんどのクリタケがボロボロと崩れており、その点でも印象はよろしくなく、自分の中では「採る」よりも「撮る」対象のキノコとして位置づけられている。


    2011/10/20 (山梨県)


    2011/10/20 (山梨県)
    Eat-a Fungi.
    東京在住。キノコ中級者。いちばん好きなキノコはチャナメツムタケ。自由業。

    Eat-a Fungi

    Calendar
    09 | 2011/10 | 11
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    New!
    Monthly Archives
    All Logs List

    >See all logs' list

    Coments
    Trackbacks
    Search
    Recomended Books
    Weather
    Link
    Fungi Index
    アイタケ    アイシメジ アオイヌシメジ アカアザタケ アカチシオタケ アカツムタケ アカハツ    アカモミタケ アカヤマタケ  アカヤマドリ アケボノサクラシメジ アシグロタケ アミガサタケ  アミタケ アミハナイグチ アメリカウラベニイロガワリ アラゲキクラゲ アンズタケ イッポンシメジ イボテングタケ ウスキテングタケ   ウスキモリノカサ ウスタケ    ウスヒラタケ ウツロベニハナイグチ  ウラグロニガイグチ ウラベニガサ  ウラベニホテイシメジ エセオリミキ  エゾハリタケ エノキタケ   オウギタケ オオイチョウタケ オオウスムラサキフウセンタケ オオキツネタケ オオキノボリイグチ オオゴムタケ オオシャグマタケ オオツガタケ  オオツガタケ オオミノイタチハリタケ  オオムラサキフウセンタケ オオモミタケ  オキナクサハツ オシロイシメジ オニイグチ オニウスタケ  オニタケ カキシメジ   カクミノシメジ カニノツメ   カノシタ カベンタケ   カヤタケ カラカサタケ  カラマツチチタケ カラマツベニハナイグチ カワラタケ カワリハツ   カンゾウタケ キアブラシメジ キイボカサタケ キアミアシイグチ キクラゲ キコガサタケ  キサケツバタケ キサマツモドキ キシメジ キタマゴタケ  キチチタケ キチャワンタケ キナメツムタケ キヌガサタケ  キヌメリガサ キノボリイグチ キハツタケ キヒダタケ   キララタケ キンチャワンタケ クサウラベニタケ クサハツモドキ クチキトサカタケ クチベニタケ  クリイロイグチ クリイロチャワンタケ   クリタケ クリフウセンタケ クロカワ クロチチタケ  クロノボリリュウ クロホコリタケ クロラッパタケ ケショウハツ  ケロウジ コウタケ    コガネタケ コガネヤマドリ  コキララタケ コクリノカサ  コスリコギタケ コテングタケモドキ  コビチャニガイグチ サクラシメジ  サクラタケ サケツバタケ ザラエノハラタケ サンコタケ   サンゴハリタケ シイタケ    シシタケ シモフリシメジ ジャガイモタケ シャカシメジ  シャグマアミガサタケ ショウゲンジ  ショウロ シラウオタケ  シロオニタケ シロキクラゲ  シロケシメジモドキ シロシメジ   シロナメツムタケ シロヌメリイグチ   シロヤマイグチ シワチャヤマイグチ   スギタケ スギヒラタケ  ズキンタケ スッポンタケ  センボンイチメガサ タヌキノチャブクロ   タマキクラゲ タマゴタケ   タマシロオニタケ チシオタケ   チチタケ チャナメツムタケ ツエタケ ツガタケ    ツキヨタケ ツチグリ    ツバアブラシメジ ツバキキンカクチャワンタケ  ツバササクレシメシ ツバフウセンタケ    ツルタケ テングツルタケ  トキイロラッパタケ ドクササコ   ドクツルタケ ドクベニタケ  ドクヤマドリ ナカグロモリノカサ   ナメコ ナラタケ   ナラタケモドキ ニオイコベニタケ   ニオイハリタケモドキ ニオイワチチタケニガクリタケ ニガクリタケモドキ   ニカワツノタケ ニカワハリタケ ニシキタケ ニセアシベニイグチ  ニワタケ ヌメリアカチチタケ   ヌメリイグチ ヌメリササタケ ヌメリスギタケ ヌメリツバタケモドキ  ネズミシメジ ノウタケ    ノボリリュウタケ ハタケチャダイゴケ  ハツタケ ハナイグチ   ハナオチバタケ ハナガサイグチ ハナビラタケ ハナビラニカワタケ   バライロウラベニイロガワリ ハルシメジ   ハンノキイグチ ヒグマアミガサタケ   ヒトクチタケ ヒナツチガキ  ヒビワレシロハツ ヒメカバイロタケ   ヒメキクラゲ ヒメサクラシメジ   ヒメスッポンタケ ヒメベニテングタケ   ヒラタケ ヒロハチチタケ フキサクラシメジ フサクギタケ  フサタケ フサヒメホウキタケ   フチドリツエタケ ブナシメジ   ブドウニガイグチ ブナハリタケ  ベニテングタケ ベニハナイグチ ベニヤマタケ ヘラタケ    ホウキタケ ホオベニシロアシイグチ  ホコリタケ ホテイシメジ  ホテイタケ ホンシメジ   マイタケ マクキヌガサタケ    マスタケ マツオウジ   マツタケ マツタケモドキ マメザヤタケ マンネンタケ   ミイノモミウラモドキ ミキイロウスタケ    ミドリニガイグチ ミネシメジ   ミヤマタマゴタケ ムカシオオミダレタケ   ムキタケ ムラサキアブラシメジモドキ ムラサキシメジ ムラサキヤマドリタケ  ムレオオフウセンタケ モエギタケ   モミジタケ ヤギタケ    ヤマイグチ ヤマドリタケ  ヤマドリタケモドキ ヤマブシタケ  ルリハツタケ ロクショウグサレキン  ワタカラカサタケ

    *このブログ中でのキノコの同定には間違いがある可能性もあります。天然キノコを食される場合にはご自身の責任においてご判断ください。 *福島第一原子力発電所事故の影響により富士山をはじめとする各地で天然キノコの採取に対する自粛の要請が自治体から出されています。このサイトは皆さまに各地での天然キノコ採取を薦める主旨のものではありません。くれぐれも、各自、自己責任でのご判断を願います。