シーズンオフなのでキノコ本紹介

    気温も下がりはじめ、ほぼ納籠状態になったので、ひさびさに「キノコ本」の紹介です。「東北きのこ図鑑」(家の光協会刊)。自分のキノコ探しは、基本的に「東京の近くで採る」ということを主旨としているところがあり、キノコのメッカである東北や新潟あたりまでわざわざ脚を伸ばすつもりがない。「東京の近く」とうのは、大まかに「東京に隣接する県」と考えているので、富士山あたりでは見られないタモギタケホシアンズタケが発生する栃木の日光でさえ、自分の中では「近く」ではない。そんなことを言うと、この本は、私には「必要ないもの」のようにも思えるが、この図鑑には「新種および日本新産種25種」が載っているというので購入してみたのだ。私などは聞いたこともないような種類のキノコも載っており、なかなか興味深い。
    このサイトの「カノシタ」のところに追記しておいたが、たとえば「オオミノイタチハリタケ」などは名前を聞いたことがなかった種類であるにも関わらず、富士山ではよく見る菌であった(ちなみに、この本では食毒不明とされているが、自分はカノシタのつもりで食べていた)。また、オオツガタケよりも大型の「ツガタケ」というキノコが載っているが、これは富士山で採れる「ツガタケ」とは異なり、初めて見るキノコだ。見た目はオオツガタケのようだが、ブナ林にも生えると書いてある。これは新種ではなく、ローカル種かな。コウタケよりもシシタケの方が大きくフィーチャーされ、マツシシタケなる日本新産種も載っていたり。キノコはそれぞれの地域色が強いものなので、こういう書籍などを通じて、いろいろな視点で見ておくと非常にタメになりますね。


    色彩変幻自在のムキタケ

    ムキタケの色というのは何によって決まるのだろう?モスグリーン、褐色、グレー、そして紫色など、いろいろな色のタイプがある。ムキタケはその名の通り皮がすぐに剥けるが、皮が剥けてしまえばその下はみんなおなじような白っぽい色だ。ヤケドタケとも呼ばれるムキタケは、今の季節の鍋には欠かせないキノコの一つだろうなあ。


    2011/11/2 (山梨県)


    2011/11/9 (山梨県)


    2011/11/9 (山梨県)


    2009/9/25 (富士山)

    こっちは冬の始まりを告げるキノコ

    前の記事で書いた「シーズン(秋)の終わりを告げるキノコ」に対して、印象で言えば、こっちは「冬の始まりを告げるキノコ」ということになるだろう。エノキタケ。冬の間、雪の下でも元気に発生している冬キノコだ。別名はそのまんまで、ユキノシタ。冬キノコには、ヌメリで寒さや乾燥から身を守っている種類が多いが、最近の晴天続きのためか、さすがのエノキタケも乾き気味だった。
    下段の写真の個体のように、たっぷりと日光が当たる場所に生えたエノキタケの柄は、黒に近いような焦げ茶色をしている。歯ごたえもガジガジと硬めなので、個人的にはカサだけを食すようしているのだが、栽培もののエノキタケは「柄」を中心に食べるよう改良?されているわけだから、天然もののエノキタケは味わいがまったく異なるのも当たり前だろう。どっちが美味いか?それは、言わずもがなです。


    2011/11/1 (山梨県)


    2011/11/1 (山梨県)
    Eat-a Fungi.
    東京在住。キノコ中級者。いちばん好きなキノコはチャナメツムタケ。自由業。

    Eat-a Fungi

    Calendar
    10 | 2011/11 | 12
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
    New!
    Monthly Archives
    All Logs List

    >See all logs' list

    Coments
    Trackbacks
    Search
    Recomended Books
    Weather
    Link
    Fungi Index
    アイタケ    アイシメジ アオイヌシメジ アカアザタケ アカチシオタケ アカツムタケ アカハツ    アカモミタケ アカヤマタケ  アカヤマドリ アケボノサクラシメジ アシグロタケ アミガサタケ  アミタケ アミハナイグチ アメリカウラベニイロガワリ アラゲキクラゲ アンズタケ イッポンシメジ イボテングタケ ウスキテングタケ   ウスキモリノカサ ウスタケ    ウスヒラタケ ウツロベニハナイグチ  ウラグロニガイグチ ウラベニガサ  ウラベニホテイシメジ エセオリミキ  エゾハリタケ エノキタケ   オウギタケ オオイチョウタケ オオウスムラサキフウセンタケ オオキツネタケ オオキノボリイグチ オオゴムタケ オオシャグマタケ オオツガタケ  オオツガタケ オオミノイタチハリタケ  オオムラサキフウセンタケ オオモミタケ  オキナクサハツ オシロイシメジ オニイグチ オニウスタケ  オニタケ カキシメジ   カクミノシメジ カニノツメ   カノシタ カベンタケ   カヤタケ カラカサタケ  カラマツチチタケ カラマツベニハナイグチ カワラタケ カワリハツ   カンゾウタケ キアブラシメジ キイボカサタケ キアミアシイグチ キクラゲ キコガサタケ  キサケツバタケ キサマツモドキ キシメジ キタマゴタケ  キチチタケ キチャワンタケ キナメツムタケ キヌガサタケ  キヌメリガサ キノボリイグチ キハツタケ キヒダタケ   キララタケ キンチャワンタケ クサウラベニタケ クサハツモドキ クチキトサカタケ クチベニタケ  クリイロイグチ クリイロチャワンタケ   クリタケ クリフウセンタケ クロカワ クロチチタケ  クロノボリリュウ クロホコリタケ クロラッパタケ ケショウハツ  ケロウジ コウタケ    コガネタケ コガネヤマドリ  コキララタケ コクリノカサ  コスリコギタケ コテングタケモドキ  コビチャニガイグチ サクラシメジ  サクラタケ サケツバタケ ザラエノハラタケ サンコタケ   サンゴハリタケ シイタケ    シシタケ シモフリシメジ ジャガイモタケ シャカシメジ  シャグマアミガサタケ ショウゲンジ  ショウロ シラウオタケ  シロオニタケ シロキクラゲ  シロケシメジモドキ シロシメジ   シロナメツムタケ シロヌメリイグチ   シロヤマイグチ シワチャヤマイグチ   スギタケ スギヒラタケ  ズキンタケ スッポンタケ  センボンイチメガサ タヌキノチャブクロ   タマキクラゲ タマゴタケ   タマシロオニタケ チシオタケ   チチタケ チャナメツムタケ ツエタケ ツガタケ    ツキヨタケ ツチグリ    ツバアブラシメジ ツバキキンカクチャワンタケ  ツバササクレシメシ ツバフウセンタケ    ツルタケ テングツルタケ  トキイロラッパタケ ドクササコ   ドクツルタケ ドクベニタケ  ドクヤマドリ ナカグロモリノカサ   ナメコ ナラタケ   ナラタケモドキ ニオイコベニタケ   ニオイハリタケモドキ ニオイワチチタケニガクリタケ ニガクリタケモドキ   ニカワツノタケ ニカワハリタケ ニシキタケ ニセアシベニイグチ  ニワタケ ヌメリアカチチタケ   ヌメリイグチ ヌメリササタケ ヌメリスギタケ ヌメリツバタケモドキ  ネズミシメジ ノウタケ    ノボリリュウタケ ハタケチャダイゴケ  ハツタケ ハナイグチ   ハナオチバタケ ハナガサイグチ ハナビラタケ ハナビラニカワタケ   バライロウラベニイロガワリ ハルシメジ   ハンノキイグチ ヒグマアミガサタケ   ヒトクチタケ ヒナツチガキ  ヒビワレシロハツ ヒメカバイロタケ   ヒメキクラゲ ヒメサクラシメジ   ヒメスッポンタケ ヒメベニテングタケ   ヒラタケ ヒロハチチタケ フキサクラシメジ フサクギタケ  フサタケ フサヒメホウキタケ   フチドリツエタケ ブナシメジ   ブドウニガイグチ ブナハリタケ  ベニテングタケ ベニハナイグチ ベニヤマタケ ヘラタケ    ホウキタケ ホオベニシロアシイグチ  ホコリタケ ホテイシメジ  ホテイタケ ホンシメジ   マイタケ マクキヌガサタケ    マスタケ マツオウジ   マツタケ マツタケモドキ マメザヤタケ マンネンタケ   ミイノモミウラモドキ ミキイロウスタケ    ミドリニガイグチ ミネシメジ   ミヤマタマゴタケ ムカシオオミダレタケ   ムキタケ ムラサキアブラシメジモドキ ムラサキシメジ ムラサキヤマドリタケ  ムレオオフウセンタケ モエギタケ   モミジタケ ヤギタケ    ヤマイグチ ヤマドリタケ  ヤマドリタケモドキ ヤマブシタケ  ルリハツタケ ロクショウグサレキン  ワタカラカサタケ

    *このブログ中でのキノコの同定には間違いがある可能性もあります。天然キノコを食される場合にはご自身の責任においてご判断ください。 *福島第一原子力発電所事故の影響により富士山をはじめとする各地で天然キノコの採取に対する自粛の要請が自治体から出されています。このサイトは皆さまに各地での天然キノコ採取を薦める主旨のものではありません。くれぐれも、各自、自己責任でのご判断を願います。