愛すべきイグチ

    関東地方も梅雨が明けて、本格的な夏に入ったようだ。先に取りあげたベニタケ系の菌とともに、さまざまな色形で森を賑わせる夏のキノコにイグチ科の仲間がある。漢字で書けば「猪口」。その語源は不詳らしい。大まかに言えば、傘の裏が「ヒダ」ではなく「管孔」と呼ばれるスポンジ様の状態になっているキノコたちだ。代表的なイグチには、これまでも取り上げたヤマドリタケ(ポルチーニ)や秋のカラマツ林での代表的なキノコであるハナイグチなどがあるが、他にも数知れぬイグチがこの季節を謳歌する。そのバリエーションは多岐に渡り、また同定も難しいものが多く、ベニタケ科、テングタケ科とともに夏の三大同定困難菌群とでも言えようか。ここでは、今月に入ってから東京郊外で見られた、それほどメジャーではないイグチをいくつかご紹介しよう。
    上段左はミドリニガイグチ。オリーブ色でフェルト状の傘に黄色~紅色の柄。食毒不明。上段右はハナガサイグチ。森の中でこの蛍光オレンジ色を見つけると、その違和感に驚かされる。これも食毒不明。中段左はオニイグチ、もしくはオニイグチモドキ。その違いは顕微鏡レベルのチェックをしないとわからないらしい。また正確に言うと、この菌はイグチの中でもオニイグチ科というグループに分類される。まだ食べたことはないが、意外と美味いらしい。この写真の中では最もメジャーなキノコか。中段右はキアミアシイグチ。黄色くてハッキリとした網目のある柄が特徴。この個体の傘は濃いオリーブ色だが、薄黄色のものまでと変異が大きい。苦くて食べるには向かないそうだ。下段左はコビチャニガイグチ。傘も柄も褐色がかった濃いオリーブ色。管孔を傷つけると褐色に変色する。下段中はホオベニシロアシイグチ。全体に白っぽく、柄には粗い網目がある大型菌だ。このキノコの管孔も傷つけると褐変する。食べる人もいるようで、酸味があるらしい。下段右はクリイロイグチ。栗褐色といわれる傘の色と管孔の白色のコントラストが美しい。傘の表面はビロード状。美味くはないが食えるそうだ。傘がフェルト状でその色が薄めのクリイロイグチモドキという種類もあるので、ややこしい。
    イグチの仲間には、傷を付けると青や赤、褐色などに変色する種類が数多くあり、それが同定の決め手になることがある。それでも、私などにはまったく見当のつかないイグチがたくさんあり、ヤブ蚊の巣窟となっているこの時期の森から帰ってきてはキノコ図鑑とにらめっこをする毎日だ。(この記事中にも同定間違いがあるかも知れない)

    ※「イグチ=猪口」というのはキノコの古語で、猪の口先に形が似ていることから名付けられたらしい。イグチ科特有の語源ではなく、キノコ自体の語源ということのようだ。「猪口」と書いて「ちょこ」とも読むが、そう言われると、酒を飲むお猪口とキノコの形は似ていることに気づく。「ちょこ」を漢字で表す「猪口」は当て字なのでイノシシとは関係がないとする説もあるが。


    数々の愛すべきイグチたち (すべて東京郊外)


    傷つけて褐色に変化したホオベニシロアシイグチの管孔

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Eat-a Fungi.
    東京在住。キノコ中級者。いちばん好きなキノコはチャナメツムタケ。自由業。

    Eat-a Fungi

    Calendar
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    New!
    Monthly Archives
    All Logs List

    >See all logs' list

    Coments
    Trackbacks
    Search
    Recomended Books
    Weather
    Link
    Fungi Index
    アイタケ    アイシメジ アオイヌシメジ アカアザタケ アカチシオタケ アカツムタケ アカハツ    アカモミタケ アカヤマタケ  アカヤマドリ アケボノサクラシメジ アシグロタケ アミガサタケ  アミタケ アミハナイグチ アメリカウラベニイロガワリ アラゲキクラゲ アンズタケ イッポンシメジ イボテングタケ ウスキテングタケ   ウスキモリノカサ ウスタケ    ウスヒラタケ ウツロベニハナイグチ  ウラグロニガイグチ ウラベニガサ  ウラベニホテイシメジ エセオリミキ  エゾハリタケ エノキタケ   オウギタケ オオイチョウタケ オオウスムラサキフウセンタケ オオキツネタケ オオキノボリイグチ オオゴムタケ オオシャグマタケ オオツガタケ  オオツガタケ オオミノイタチハリタケ  オオムラサキフウセンタケ オオモミタケ  オキナクサハツ オシロイシメジ オニイグチ オニウスタケ  オニタケ カキシメジ   カクミノシメジ カニノツメ   カノシタ カベンタケ   カヤタケ カラカサタケ  カラマツチチタケ カラマツベニハナイグチ カワラタケ カワリハツ   カンゾウタケ キアブラシメジ キイボカサタケ キアミアシイグチ キクラゲ キコガサタケ  キサケツバタケ キサマツモドキ キシメジ キタマゴタケ  キチチタケ キチャワンタケ キナメツムタケ キヌガサタケ  キヌメリガサ キノボリイグチ キハツタケ キヒダタケ   キララタケ キンチャワンタケ クサウラベニタケ クサハツモドキ クチキトサカタケ クチベニタケ  クリイロイグチ クリイロチャワンタケ   クリタケ クリフウセンタケ クロカワ クロチチタケ  クロノボリリュウ クロホコリタケ クロラッパタケ ケショウハツ  ケロウジ コウタケ    コガネタケ コガネヤマドリ  コキララタケ コクリノカサ  コスリコギタケ コテングタケモドキ  コビチャニガイグチ サクラシメジ  サクラタケ サケツバタケ ザラエノハラタケ サンコタケ   サンゴハリタケ シイタケ    シシタケ シモフリシメジ ジャガイモタケ シャカシメジ  シャグマアミガサタケ ショウゲンジ  ショウロ シラウオタケ  シロオニタケ シロキクラゲ  シロケシメジモドキ シロシメジ   シロナメツムタケ シロヌメリイグチ   シロヤマイグチ シワチャヤマイグチ   スギタケ スギヒラタケ  ズキンタケ スッポンタケ  センボンイチメガサ タヌキノチャブクロ   タマキクラゲ タマゴタケ   タマシロオニタケ チシオタケ   チチタケ チャナメツムタケ ツエタケ ツガタケ    ツキヨタケ ツチグリ    ツバアブラシメジ ツバキキンカクチャワンタケ  ツバササクレシメシ ツバフウセンタケ    ツルタケ テングツルタケ  トキイロラッパタケ ドクササコ   ドクツルタケ ドクベニタケ  ドクヤマドリ ナカグロモリノカサ   ナメコ ナラタケ   ナラタケモドキ ニオイコベニタケ   ニオイハリタケモドキ ニオイワチチタケニガクリタケ ニガクリタケモドキ   ニカワツノタケ ニカワハリタケ ニシキタケ ニセアシベニイグチ  ニワタケ ヌメリアカチチタケ   ヌメリイグチ ヌメリササタケ ヌメリスギタケ ヌメリツバタケモドキ  ネズミシメジ ノウタケ    ノボリリュウタケ ハタケチャダイゴケ  ハツタケ ハナイグチ   ハナオチバタケ ハナガサイグチ ハナビラタケ ハナビラニカワタケ   バライロウラベニイロガワリ ハルシメジ   ハンノキイグチ ヒグマアミガサタケ   ヒトクチタケ ヒナツチガキ  ヒビワレシロハツ ヒメカバイロタケ   ヒメキクラゲ ヒメサクラシメジ   ヒメスッポンタケ ヒメベニテングタケ   ヒラタケ ヒロハチチタケ フキサクラシメジ フサクギタケ  フサタケ フサヒメホウキタケ   フチドリツエタケ ブナシメジ   ブドウニガイグチ ブナハリタケ  ベニテングタケ ベニハナイグチ ベニヤマタケ ヘラタケ    ホウキタケ ホオベニシロアシイグチ  ホコリタケ ホテイシメジ  ホテイタケ ホンシメジ   マイタケ マクキヌガサタケ    マスタケ マツオウジ   マツタケ マツタケモドキ マメザヤタケ マンネンタケ   ミイノモミウラモドキ ミキイロウスタケ    ミドリニガイグチ ミネシメジ   ミヤマタマゴタケ ムカシオオミダレタケ   ムキタケ ムラサキアブラシメジモドキ ムラサキシメジ ムラサキヤマドリタケ  ムレオオフウセンタケ モエギタケ   モミジタケ ヤギタケ    ヤマイグチ ヤマドリタケ  ヤマドリタケモドキ ヤマブシタケ  ルリハツタケ ロクショウグサレキン  ワタカラカサタケ

    *このブログ中でのキノコの同定には間違いがある可能性もあります。天然キノコを食される場合にはご自身の責任においてご判断ください。 *福島第一原子力発電所事故の影響により富士山をはじめとする各地で天然キノコの採取に対する自粛の要請が自治体から出されています。このサイトは皆さまに各地での天然キノコ採取を薦める主旨のものではありません。くれぐれも、各自、自己責任でのご判断を願います。