鹿の舌と羊の足

    これはカノシタというキノコ。漢字で書くと「鹿の舌」。フランスではピエ・ド・ムトン=「羊の足」と呼ぶそうだ。富士山では2~3cmの小さい個体が多く見られるが、カサには薄い肌色~赤褐色の変異が見られる。通常の山では、真っ白なシロカノシタという種類の方が一般的らしい。このキノコの顕著な特徴はカサの裏にあり、その小さなカラダに不釣り合いな長めのトゲトゲが生えている。全体的に脆く、カサの裏のトゲも簡単にポロポロと外れてしまうので、採って帰るとカゴの中がトゲの破片だらけになって、まるで虫が沸いたかのようになる。そんなこともあってか、小さくて見た目も地味なこのキノコは、あまり採取の対象と考えられていないようだ。
    アンズタケと同じようなシーズン・場所に出てくるが、私はこのキノコが好きで、発生しているとせっせと集めてしまう。食材としての説明をあまり見かけないのだが、味や香りにはアンズタケに通じるフルーティーさがあって美味しく、生のままでは脆い肉も熱を通すと驚くほどの弾力が出てくる。意外に肉厚なので、食感もいい。もしかしたら、アンズタケよりも優秀な食菌ではないだろうか。料理もアンズタケと同じように、クリームシチューなどの「洋物」が合うと思う。うちでは、アンズタケカノシタそれぞれのオムレツを作って、それぞれの味の違いを楽しむことがよくある。

    ※先日('11年9月)購入した「東北きのこ図鑑」(家の光協会刊)には、カノシタに似ているが、傘は橙黄色で中央が多少くぼみ、針が柄に垂生しない小型菌として「オオミノイタチハリタケ」が載っている。ここに挙げた下段2つの写真の菌は、現地では傘の中央がくぼんでいる(陥没している)個体が多く、また、「東北きのこ図鑑」に掲載されている写真のキノコともそっくりで、「オオミノイタチハリタケ」に間違いないと思われる。図鑑によると「食毒不明」扱いになってはいるが、私はカノシタのつもりで食べていた。味や香り、食感もカノシタに近いキノコである。


    2010/8/18 (富士山) ※カノシタは針が垂生している


    2010/8/18 (富士山) ※オオミノイタチハリタケと思われる


    2010/8/18 (富士山) ※針が垂生していない

    コメントの投稿

    非公開コメント

    オムレツ

    どんなふうに味が違うんでしょう? 私は今までこのきのこを見つけたとき、ひっくり返して「なあんだ、アンズタケじゃないや」とがっかりしていましたが、きょう、11月27日4つ見つけ、家に持ち帰って調べて見る気になりました。そして食べられると知ってびっくり、断面もアンズタケに似ていたので、アンズタケのようにバター炒めにしてみました。感想は、「これ、アンズタケと同じ味」。
    Eat-a Fungi.
    東京在住。キノコ中級者。いちばん好きなキノコはチャナメツムタケ。自由業。

    Eat-a Fungi

    Calendar
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    New!
    Monthly Archives
    All Logs List

    >See all logs' list

    Coments
    Trackbacks
    Search
    Recomended Books
    Weather
    Link
    Fungi Index
    アイタケ    アイシメジ アオイヌシメジ アカアザタケ アカチシオタケ アカツムタケ アカハツ    アカモミタケ アカヤマタケ  アカヤマドリ アケボノサクラシメジ アシグロタケ アミガサタケ  アミタケ アミハナイグチ アメリカウラベニイロガワリ アラゲキクラゲ アンズタケ イッポンシメジ イボテングタケ ウスキテングタケ   ウスキモリノカサ ウスタケ    ウスヒラタケ ウツロベニハナイグチ  ウラグロニガイグチ ウラベニガサ  ウラベニホテイシメジ エセオリミキ  エゾハリタケ エノキタケ   オウギタケ オオイチョウタケ オオウスムラサキフウセンタケ オオキツネタケ オオキノボリイグチ オオゴムタケ オオシャグマタケ オオツガタケ  オオツガタケ オオミノイタチハリタケ  オオムラサキフウセンタケ オオモミタケ  オキナクサハツ オシロイシメジ オニイグチ オニウスタケ  オニタケ カキシメジ   カクミノシメジ カニノツメ   カノシタ カベンタケ   カヤタケ カラカサタケ  カラマツチチタケ カラマツベニハナイグチ カワラタケ カワリハツ   カンゾウタケ キアブラシメジ キイボカサタケ キアミアシイグチ キクラゲ キコガサタケ  キサケツバタケ キサマツモドキ キシメジ キタマゴタケ  キチチタケ キチャワンタケ キナメツムタケ キヌガサタケ  キヌメリガサ キノボリイグチ キハツタケ キヒダタケ   キララタケ キンチャワンタケ クサウラベニタケ クサハツモドキ クチキトサカタケ クチベニタケ  クリイロイグチ クリイロチャワンタケ   クリタケ クリフウセンタケ クロカワ クロチチタケ  クロノボリリュウ クロホコリタケ クロラッパタケ ケショウハツ  ケロウジ コウタケ    コガネタケ コガネヤマドリ  コキララタケ コクリノカサ  コスリコギタケ コテングタケモドキ  コビチャニガイグチ サクラシメジ  サクラタケ サケツバタケ ザラエノハラタケ サンコタケ   サンゴハリタケ シイタケ    シシタケ シモフリシメジ ジャガイモタケ シャカシメジ  シャグマアミガサタケ ショウゲンジ  ショウロ シラウオタケ  シロオニタケ シロキクラゲ  シロケシメジモドキ シロシメジ   シロナメツムタケ シロヌメリイグチ   シロヤマイグチ シワチャヤマイグチ   スギタケ スギヒラタケ  ズキンタケ スッポンタケ  センボンイチメガサ タヌキノチャブクロ   タマキクラゲ タマゴタケ   タマシロオニタケ チシオタケ   チチタケ チャナメツムタケ ツエタケ ツガタケ    ツキヨタケ ツチグリ    ツバアブラシメジ ツバキキンカクチャワンタケ  ツバササクレシメシ ツバフウセンタケ    ツルタケ テングツルタケ  トキイロラッパタケ ドクササコ   ドクツルタケ ドクベニタケ  ドクヤマドリ ナカグロモリノカサ   ナメコ ナラタケ   ナラタケモドキ ニオイコベニタケ   ニオイハリタケモドキ ニオイワチチタケニガクリタケ ニガクリタケモドキ   ニカワツノタケ ニカワハリタケ ニシキタケ ニセアシベニイグチ  ニワタケ ヌメリアカチチタケ   ヌメリイグチ ヌメリササタケ ヌメリスギタケ ヌメリツバタケモドキ  ネズミシメジ ノウタケ    ノボリリュウタケ ハタケチャダイゴケ  ハツタケ ハナイグチ   ハナオチバタケ ハナガサイグチ ハナビラタケ ハナビラニカワタケ   バライロウラベニイロガワリ ハルシメジ   ハンノキイグチ ヒグマアミガサタケ   ヒトクチタケ ヒナツチガキ  ヒビワレシロハツ ヒメカバイロタケ   ヒメキクラゲ ヒメサクラシメジ   ヒメスッポンタケ ヒメベニテングタケ   ヒラタケ ヒロハチチタケ フキサクラシメジ フサクギタケ  フサタケ フサヒメホウキタケ   フチドリツエタケ ブナシメジ   ブドウニガイグチ ブナハリタケ  ベニテングタケ ベニハナイグチ ベニヤマタケ ヘラタケ    ホウキタケ ホオベニシロアシイグチ  ホコリタケ ホテイシメジ  ホテイタケ ホンシメジ   マイタケ マクキヌガサタケ    マスタケ マツオウジ   マツタケ マツタケモドキ マメザヤタケ マンネンタケ   ミイノモミウラモドキ ミキイロウスタケ    ミドリニガイグチ ミネシメジ   ミヤマタマゴタケ ムカシオオミダレタケ   ムキタケ ムラサキアブラシメジモドキ ムラサキシメジ ムラサキヤマドリタケ  ムレオオフウセンタケ モエギタケ   モミジタケ ヤギタケ    ヤマイグチ ヤマドリタケ  ヤマドリタケモドキ ヤマブシタケ  ルリハツタケ ロクショウグサレキン  ワタカラカサタケ

    *このブログ中でのキノコの同定には間違いがある可能性もあります。天然キノコを食される場合にはご自身の責任においてご判断ください。 *福島第一原子力発電所事故の影響により富士山をはじめとする各地で天然キノコの採取に対する自粛の要請が自治体から出されています。このサイトは皆さまに各地での天然キノコ採取を薦める主旨のものではありません。くれぐれも、各自、自己責任でのご判断を願います。