それは革茸か鹿茸か

    これ(写真)は、シシタケだろう。富士山の針葉樹林内に出ていた。シシタケコウタケの違いは、いまひとつ曖昧なままのようだ。手元にある川村清一博士の「原色日本菌類図鑑」(第六巻)によると、コウタケ(Hydnum aspratum)が「深き漏斗状をなし茎の内側底部に達するまで陥没している/肉薄し/茎は内部空洞をなす/強き香気を発す/苦味なし/主に濶葉樹(広葉樹)林中に生ず/日本特産」とあるのに対し、シシタケ(Hydnum imbricatum)は「浅き漏斗状をなす/肉厚し/茎は内部充実/強き香気なし/苦味あり/主に針葉樹林中に生ず/日本及び欧米に産す」となっている。しかし、地方によってはシシタケコウタケを特に区別しないところもあるらしい。一般的には、カサの真ん中にできる陥没が浅いものをシシタケ、根本まで深く落ち込んでいるものをコウタケとして分けているようだ。
    富士山では、コウタケはほとんど発生しないと言われていたが、昨年、このシシタケが大発生して、あちこちで「富士山にコウタケが出ている」と話題になっていた。私も昨年、初めて富士山でこのキノコを見たのだが、採取して乾燥させても「醤油のような」といわれる香りがほとんど感じられなかった。一方で、今回見つけた個体のうち大きく成長したものは、家に帰る頃にはかなりの香気を放っていた。昨年は、茹でこぼさずに水洗いしただけで乾燥にまわしていたので、その乾燥品をいまいちど煮こぼしてみると同様の香りが立ち上った。茹でこぼしたシシタケは真っ黒になるのだが、この「黒」が香りのカギを握っているのだろうか。森の中でも、大きく成長したものは色が黒みを帯び、すでに強い香りを放っているらしい。食菌としてはこの香りが命で、シシタケご飯(コウタケご飯)を炊いていると、隣近所までその香りが漂うなどと言われる。川村博士の記述とは異なり、私たちがシシタケと呼んでいるキノコに苦味はない。似ているキノコで苦味があるのはケロウジだ。
    シシタケを漢字で書くと「鹿茸」となる。カサの裏の剛毛が獣を想像させるからだろう。一方でコウタケは、その強い香りから「香茸」と書くのかと思いきや、正確には「革茸(皮茸)」と綴る。成長して黒みを帯びた個体は、カサの表面がまるでなめし革のような外見になるので、この字が当てられ、「カワタケ」が音便を起こしてコウタケと呼ばれるようになったらしい。ちなみに、「香茸」というのは、じつはシイタケの漢字名である。
    私は、広葉樹林に生える真性のコウタケをまだ見たことがない。今年は富士山以外の山にも気を配ろうと考えているので、10月になればきっと出会えるだろう。


    2010/9/3 (富士山)


    2010/9/3 (富士山)


    カサの真ん中にある陥没の断面。コウタケのように柄の根本までは達していない。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Eat-a Fungi.
    東京在住。キノコ中級者。いちばん好きなキノコはチャナメツムタケ。自由業。

    Eat-a Fungi

    Calendar
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    New!
    Monthly Archives
    All Logs List

    >See all logs' list

    Coments
    Trackbacks
    Search
    Recomended Books
    Weather
    Link
    Fungi Index
    アイタケ    アイシメジ アオイヌシメジ アカアザタケ アカチシオタケ アカツムタケ アカハツ    アカモミタケ アカヤマタケ  アカヤマドリ アケボノサクラシメジ アシグロタケ アミガサタケ  アミタケ アミハナイグチ アメリカウラベニイロガワリ アラゲキクラゲ アンズタケ イッポンシメジ イボテングタケ ウスキテングタケ   ウスキモリノカサ ウスタケ    ウスヒラタケ ウツロベニハナイグチ  ウラグロニガイグチ ウラベニガサ  ウラベニホテイシメジ エセオリミキ  エゾハリタケ エノキタケ   オウギタケ オオイチョウタケ オオウスムラサキフウセンタケ オオキツネタケ オオキノボリイグチ オオゴムタケ オオシャグマタケ オオツガタケ  オオツガタケ オオミノイタチハリタケ  オオムラサキフウセンタケ オオモミタケ  オキナクサハツ オシロイシメジ オニイグチ オニウスタケ  オニタケ カキシメジ   カクミノシメジ カニノツメ   カノシタ カベンタケ   カヤタケ カラカサタケ  カラマツチチタケ カラマツベニハナイグチ カワラタケ カワリハツ   カンゾウタケ キアブラシメジ キイボカサタケ キアミアシイグチ キクラゲ キコガサタケ  キサケツバタケ キサマツモドキ キシメジ キタマゴタケ  キチチタケ キチャワンタケ キナメツムタケ キヌガサタケ  キヌメリガサ キノボリイグチ キハツタケ キヒダタケ   キララタケ キンチャワンタケ クサウラベニタケ クサハツモドキ クチキトサカタケ クチベニタケ  クリイロイグチ クリイロチャワンタケ   クリタケ クリフウセンタケ クロカワ クロチチタケ  クロノボリリュウ クロホコリタケ クロラッパタケ ケショウハツ  ケロウジ コウタケ    コガネタケ コガネヤマドリ  コキララタケ コクリノカサ  コスリコギタケ コテングタケモドキ  コビチャニガイグチ サクラシメジ  サクラタケ サケツバタケ ザラエノハラタケ サンコタケ   サンゴハリタケ シイタケ    シシタケ シモフリシメジ ジャガイモタケ シャカシメジ  シャグマアミガサタケ ショウゲンジ  ショウロ シラウオタケ  シロオニタケ シロキクラゲ  シロケシメジモドキ シロシメジ   シロナメツムタケ シロヌメリイグチ   シロヤマイグチ シワチャヤマイグチ   スギタケ スギヒラタケ  ズキンタケ スッポンタケ  センボンイチメガサ タヌキノチャブクロ   タマキクラゲ タマゴタケ   タマシロオニタケ チシオタケ   チチタケ チャナメツムタケ ツエタケ ツガタケ    ツキヨタケ ツチグリ    ツバアブラシメジ ツバキキンカクチャワンタケ  ツバササクレシメシ ツバフウセンタケ    ツルタケ テングツルタケ  トキイロラッパタケ ドクササコ   ドクツルタケ ドクベニタケ  ドクヤマドリ ナカグロモリノカサ   ナメコ ナラタケ   ナラタケモドキ ニオイコベニタケ   ニオイハリタケモドキ ニオイワチチタケニガクリタケ ニガクリタケモドキ   ニカワツノタケ ニカワハリタケ ニシキタケ ニセアシベニイグチ  ニワタケ ヌメリアカチチタケ   ヌメリイグチ ヌメリササタケ ヌメリスギタケ ヌメリツバタケモドキ  ネズミシメジ ノウタケ    ノボリリュウタケ ハタケチャダイゴケ  ハツタケ ハナイグチ   ハナオチバタケ ハナガサイグチ ハナビラタケ ハナビラニカワタケ   バライロウラベニイロガワリ ハルシメジ   ハンノキイグチ ヒグマアミガサタケ   ヒトクチタケ ヒナツチガキ  ヒビワレシロハツ ヒメカバイロタケ   ヒメキクラゲ ヒメサクラシメジ   ヒメスッポンタケ ヒメベニテングタケ   ヒラタケ ヒロハチチタケ フキサクラシメジ フサクギタケ  フサタケ フサヒメホウキタケ   フチドリツエタケ ブナシメジ   ブドウニガイグチ ブナハリタケ  ベニテングタケ ベニハナイグチ ベニヤマタケ ヘラタケ    ホウキタケ ホオベニシロアシイグチ  ホコリタケ ホテイシメジ  ホテイタケ ホンシメジ   マイタケ マクキヌガサタケ    マスタケ マツオウジ   マツタケ マツタケモドキ マメザヤタケ マンネンタケ   ミイノモミウラモドキ ミキイロウスタケ    ミドリニガイグチ ミネシメジ   ミヤマタマゴタケ ムカシオオミダレタケ   ムキタケ ムラサキアブラシメジモドキ ムラサキシメジ ムラサキヤマドリタケ  ムレオオフウセンタケ モエギタケ   モミジタケ ヤギタケ    ヤマイグチ ヤマドリタケ  ヤマドリタケモドキ ヤマブシタケ  ルリハツタケ ロクショウグサレキン  ワタカラカサタケ

    *このブログ中でのキノコの同定には間違いがある可能性もあります。天然キノコを食される場合にはご自身の責任においてご判断ください。 *福島第一原子力発電所事故の影響により富士山をはじめとする各地で天然キノコの採取に対する自粛の要請が自治体から出されています。このサイトは皆さまに各地での天然キノコ採取を薦める主旨のものではありません。くれぐれも、各自、自己責任でのご判断を願います。